DNAのある所


北海道での独り言
by tedtoyama
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
自己紹介
男 
1996年から11年在住した米国シリコンバレーを後にして、2006年9月から北海道に移住。
パートナー2人と共に新しい生活を始める。
生まれて初めての北海道。
期待いっぱいで突進だ。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
定山渓温泉の歴史
from 温泉:定山渓温泉の旅館を紹介..
石狩市浜益のミズダコ
from なまら旨い!北海道。
サンノゼ警察、参上!?(笑)
from 新・恋の話でもしたいところだが。
とにかくやるよ!
from 恋の話でもしたいところだが。
スルッと入国!
from 恋の話でもしたいところだが。
メニューでございます。
from 恋の話でもしたいところだが。
海外で日本のテレビを見よ..
from シンガポール奮闘記
ロケフリってどうかな
from 僕の欲しい本 欲しいもの
まあさん家で楽しく遊んで..
from ◆クリスとピエールの米国滞在..
エンジニアが斬る!今流行..
from 無料メルマガ持ってけ♪情報館..
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

DUIぢごく その四

ホワード弁護士は丁寧に説明してくれた。
一般的なアメリカの裁判では、罪状認否で有罪を認める、無罪を主張し起訴事実に対して抗弁する、有罪は認めないが起訴に対しても争わない(ノーコンテスト:いわゆる司法取引)代わりに罪を軽減してもらう、の3つがある。通常この三番目で行く訳ですね。
{はあ?、よくわからないんですけどぉ、前科一犯にならなくてすむのかぁ?ともかく、よしなに、よしなに}
で、これから何が起こって、どうなるんでしょうかねぇ?起こりうること、しなければいけないこと、手続き、費用、その他いっぱいいっぱい知りたいことがあるんです。とりあえず
勉強したけど。
まずDUI容疑(まあ容疑どころか事実なんですけど)で逮捕された場合まずその日から30日間の免停。その間に裁判所から起訴状が届き裁判沙汰になる。起訴されたのを受けてDMVが本格的?な免停4ヶ月を言い渡す。そのとき但し書きが付く。DMV側としては罪の重さやそれに対する罰金、前科が付くか否かは関係なく、DUIで逮捕された人がそれでも保険には入ってますという車の保険証明書(SR-22)、DDP(酔っ払い運転経験者のための更生学校)の入学手続き取りました証明書を提出すれば免停が解かれ、条件付免許が発行される。
裁判のほうは、一回目の罪状認否で無罪を主張する。二回目で起訴事実を認め判決に従う、といった流れだそうだ。
今ひとつ納得しないまま(だって無罪を主張しながら、まあ、あんたの言っていることも事実だから言い争う気持ちもないし、全体的にうにゃむにゃ、って感じなのでした。)相変わらずひたすら、よしなに、よしなに、状態だった。
そうか、今はすでに免停だったか。車取りに行ったし、今も弁護士事務所やら保険のブローカーやら日常生活に車使っているなあ。こりゃあ違反か。でも違反って言われてもダメだもんね。無いと生活できないもんね。と開き直って運転していた。
弁護士に依頼したおかげで出廷することもなく判決が出た。2月18日に逮捕され、2月22日に弁護士を決め依頼。2月26日に弁護士と打ち合わせ後契約締結し後はお任せ。
3月20日一回目の法廷、弁護士は無罪を主張。4月2日判決、VC(バイオレンス・コード)23152のa,bは不問、VC23103.5違反を課す、であった。未だによーくは理解していませんが、DUIについては不問、アルコールに依存した不届きな運転罪に処す、といった感じかな!(アナログじゃん、人間的じゃん)前科は無しであった。

裁判の間に免許を復活(条件付だけど)させるための準備に入った。やることは2つ。前述のSR22とDDPの入学手続きだ。まずはSR22。当時入っていた保険はセーフコだった。シアトルマリナーズのホーム球場で有名なセーフコ・フィールドのセーフコですね。ところがここは、DUIへのSR22発行を拒否していた。すぐさま解約し他の保険会社を探し契約、SR22を発効してもらった。
DDP入学手続きは裁判所の判決を待ってから、ということなので、この時点で成すことがなくなった。
判決まで10日ほど何事もなく過ぎていった。
4月26日DDP入学、入学金$246で14週間毎週2時間のクラスを受けることになった。入学金以外にお月謝$95であった。
その他、ジェイルなどにお世話になった場合の、登録?料$149.23と罰金$831を支払った。車の保険代は、年間$620から$1、780と三倍近くになった。この保険料は向こう3年間続く(昨年元に戻っただ)。SR22はこの、向こう3年間は保持されなければならず、途切れると免停になってしまう。ちなみにこの3年間は裁判所から見ると保護観察期間に当たる。無届で住所を変更したりできないなど制限が付いている。日本と同じように違反ポイントは2点、今後年間4、2年間6、3年間8、。。。などの制限にも関連してくる。

出費たるやすごいことになっていた。
学校やら法的拘束やら制限つき免許やら何やら大変だ。
保護観察3年?DUI運転履歴7年保存(今は10年)この間に再びDUIで捕まったら。。。ひゅーぅぅぅ。言いたくないしもうやんないよ。どうなるか知ってるけど。
しかぁーし、前科一犯よりしびれちゃう四文字だなあ保護観察って。

無事?諸手続きを終え、制限つき免許の発行を待ちつつもDDP学校の入学が近づいてきた。
言い忘れたがDUIの場合その償いにはボランティアがつきものなんですね。オレンジ色のベストを着て高速道路わきの掃除などが課せられるのですが私の場合免除されました。よかったよかった。

制限つき免許?DDPの様子?

続きます。
[PR]

by tedtoyama | 2005-03-12 16:56 | 日記
<< DUIぢごく 完結編 DUIぢごく その三 >>