DNAのある所


北海道での独り言
by tedtoyama
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
自己紹介
男 
1996年から11年在住した米国シリコンバレーを後にして、2006年9月から北海道に移住。
パートナー2人と共に新しい生活を始める。
生まれて初めての北海道。
期待いっぱいで突進だ。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
定山渓温泉の歴史
from 温泉:定山渓温泉の旅館を紹介..
石狩市浜益のミズダコ
from なまら旨い!北海道。
サンノゼ警察、参上!?(笑)
from 新・恋の話でもしたいところだが。
とにかくやるよ!
from 恋の話でもしたいところだが。
スルッと入国!
from 恋の話でもしたいところだが。
メニューでございます。
from 恋の話でもしたいところだが。
海外で日本のテレビを見よ..
from シンガポール奮闘記
ロケフリってどうかな
from 僕の欲しい本 欲しいもの
まあさん家で楽しく遊んで..
from ◆クリスとピエールの米国滞在..
エンジニアが斬る!今流行..
from 無料メルマガ持ってけ♪情報館..
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

えーっと、その二

結局、当然ながらNYには飛行機で行けなかった訳です。
あちこちの空港は閉鎖になってるわ、マンハッタン島は孤立状態だわ、でした。あせりながらも
カリフォルニアからバックアップすることになりました。フリーのジャーナリスト(今は私もそうですが)やいくつかの米国内外のメディアの人たちは、さすがに行動力があり決断も早く、レンタカーなどで早々東に旅立っていました。
その後約一ヶ月はなかなか忙しかったですな。
米国にとって「まさか!」の出来事であり、米国人がその「まさか!」に対応する様子がよく見えて勉強になりました。
ごく一部のいろいろな力を持った人たちが、それらを背景に立ち向かおうとするのだけれども
一般の米国人が今をアクセプトすることとの乖離がけっこうあったね。

テロから約一ヵ月半経った2001年10月末に、テロの影響その後の米国、とIT会社取材を兼ねてLAに出かけることになった。
サンノゼからLAまでは車でも6時間弱ではあるが通常は飛行機ですね。しかし今はまだテロの影響(空港が100%機能していない、駐車場や入り口の規制がある。搭乗チェックに時間がかかる。
何が起こるかわからない不安が消え去っていない)などの理由からレンタカーを選択した。朝7時にレンタカーオフィスにチェックアウトしに行ったら、「あー!あなたの免許の関係?でレンタできません」と言われた。(免許の関係って何だよ?DUIあったけどもう償い終わって免許も戻ったよ!何かまだ文句あっか?)と思いつつ言葉ではやんわりとお聞き申し上げた。
DUI経験者は、免許を再発行してもらってから一年間レンタカーの利用はできませんです。
とのこと。
いやはや、重ね重ね大変なことをしたわけね、とため息をつきながら納得した。
そんじゃ自分の車で行くかぁ、と、LAに向かった。
LAでは仕事を速やかに済ませ、サンフランシスコ・ベイエリアにはないブックオフでコミックや文庫本を買い込んだ。日本食も安いしラーメン屋もいっぱいあるし、飲み屋は面白いし、といつもながらの満足感でいっぱいになりサンタクルーズに帰ってきた。
その夜奇妙な電話が一本かかってきた。
「LA行きましたね?本買いましたね?テロの本」
(???)
「はい、LA行きました。仕事で。本も買いました。プライベートで。でも文庫本は日本のエッセイ(椎名誠)だしあとはコミックで、テロというのはちょっとぉ?」
「そのコミックですがテロをテーマにしてますね?」
「ええー?浦沢直樹 画、工藤かずや 作のパイナップルアーミーが?ですかぁ?」
(でも確かにそういわれればそうだよなあ)
「ちょと、あなたはどなた?」
「FBI、サンフランシスコ支局の☓☓☓です。お手数掛けます」
(うそぉー!なんでFBIかよー、アンド、なんでLAの古本屋でコミック買ったの知ってるわけ?)
「で、買いましたね!!!」
「はい」
「分かりました。それではおやすみなさい。ありがとう」
(???)
何だったんでしょうか?FBIだし。追跡されてるみたいだし。確かにクレジットカードで買ったから履歴はオンラインで残っていると思うけど、このテロで大事なときに何でDUIの俺なんだぁー!とくらくらしてきました。

翌日外出して部屋に戻るとドアの前に花束が立てかけてある。思い当たる節は何もない。
そーっと、そーっと足で隣の部屋の前まで移動させて部屋に入った。いったい何なんだ?

結局この件はその後何も後を引かず(と思う)うやむやになっていった。

しばらく気になってしょうがなかった。
多分、何でも有りの変な国なんだろうなぁとつくづく再確認した出来事だった。
(で終わってくれるよなあ!)
[PR]

by tedtoyama | 2005-03-16 17:24 | 日記
<< インド人の散歩 実録DUIの後記とセプテンバー... >>