DNAのある所


北海道での独り言
by tedtoyama
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
自己紹介
男 
1996年から11年在住した米国シリコンバレーを後にして、2006年9月から北海道に移住。
パートナー2人と共に新しい生活を始める。
生まれて初めての北海道。
期待いっぱいで突進だ。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
定山渓温泉の歴史
from 温泉:定山渓温泉の旅館を紹介..
石狩市浜益のミズダコ
from なまら旨い!北海道。
サンノゼ警察、参上!?(笑)
from 新・恋の話でもしたいところだが。
とにかくやるよ!
from 恋の話でもしたいところだが。
スルッと入国!
from 恋の話でもしたいところだが。
メニューでございます。
from 恋の話でもしたいところだが。
海外で日本のテレビを見よ..
from シンガポール奮闘記
ロケフリってどうかな
from 僕の欲しい本 欲しいもの
まあさん家で楽しく遊んで..
from ◆クリスとピエールの米国滞在..
エンジニアが斬る!今流行..
from 無料メルマガ持ってけ♪情報館..
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

異常気象とお洗濯

天気が悪かろうがなんだろうが、お洗濯はしなくちゃいけませんね。
何故か最近洗濯物溜まるの早すぎる気がする。
誰か俺がいないうちにヒトのパンツ勝手にはいてるんじゃないのかぁ?
シンコ・デ・マヨの今日、午後からドライビング・レンジに出かけた。
サンノゼでこの日に雨が降るなんて、1998年の嵐以来じゃなかったかな?
良い汗かいて帰り、シャワーの後洗濯かごを見てビックリ。てんこ盛りだった。
そんな訳で今お洗濯しとります。ダブルで。b0049291_839923.jpg
昨年末、異常気象についての記事を書いた。年々壊れてきているなあ地球が。
今日はそんなお話をご紹介しましょう。
「ミネソタより寒い朝」12月1日(水)付けサンノゼ・マーキュリー紙の一面をこんな見出しが飾った。
前日の11月30日にベイエリア各地で同日の最低気温の記録を塗り替えたからだ。サンフランシスコ市では1897年の42°F(5.5℃)以来となる41°F、オークランド市で38°F、サリナス市では30°F(-1℃)とこの次期では異例の氷点下を記録した。冬季の平均気温が全米で最も低い地域の一つとして有名な人口7千人の街、ミネソタ州インターナショナル・フォールでは当日の最低気温が31°Fとカリフォルニア州サリナス市を一度上回った。11月の最低気温平均が48°F(9℃)前後の上記ベイエリア各地にとって記録的な寒さであった。

サンディエゴやLAなどの南カリフォルニアでも11月から12月にかけて異例の豪雨や寒波に襲われた。12月1日、2日の早朝LAでは車のフロントガラスが結露するまで気温が下がり、また降雨によりイチゴなどの農作物の収穫に被害が出ている。
ロスガトスで車のセールスをしているセサ・ロペスさんは、「メキシコから移住して20年になる。毎年この時期になると雨がちな天候と寒さが嫌になり、家族と本気で南カリフォルニアに引っ越そうと相談しているが今年は南もだめだ」と嘆いていた。

今年のベイエリアは猛暑も異常であった。5月下旬と9月上旬にそれぞれ100°F(38℃)近い日が一週間ほど続き電力供給などに不安を感じた時期があった。サンノゼ市とサンフランシスコ市の年間最高気温は4年前の2000年6月にそれぞれ、109°F(43℃)、103°F(39℃)を記録している。近年になって、記録的な気温という日々が本来対象となる季節から少しずれた時期に発生するようになっているのは確かだ。年中比較的温暖で湿度が低く良い天候として地中海性気候の代表格のカリフォルニア州も、北部を中心にして通常の気候そのものが変化しているようだ。

11月に入ってサンタクルーズ・ハーバーに大量のサーモンが集まり話題になった。
b0049291_8395031.jpg
港湾関係者の一人は「サンタクルーズでは毎年サーモンの稚魚を放流していてその数は140万匹にも上るが、この辺には遡上する川も無くハーバーにこのような大量のサーモンが集まるのを見たことはない。サーモンを追ってシーライオンも集まりカリフォルニア中のシーライオンを一度に見た様だった」と語った。

米国各地を見てもメキシコ湾で今年9月には大型のハリケーンが異常発生したり、5月には17年周期とはいえワシントンDCで蝉が大量に発生している。また12月に入って東部では暖冬が続いているといった状況だ。
こうした現象は米国のみならず日本や他の世界各地でも発生している。
異常気象が生態系に及ぼす影響も気になるところではあるが、「観測史上始まって以来の!」という発表が相次ぐ昨今、統計上の本来の気候にはもう戻らないのだろうかという不安が募る。
[PR]

by tedtoyama | 2005-05-06 08:40 | 日記
<< 椎名誠と不思議な酔い(副題:午... 100gで2,835円!? >>