DNAのある所


北海道での独り言
by tedtoyama
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
自己紹介
男 
1996年から11年在住した米国シリコンバレーを後にして、2006年9月から北海道に移住。
パートナー2人と共に新しい生活を始める。
生まれて初めての北海道。
期待いっぱいで突進だ。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
定山渓温泉の歴史
from 温泉:定山渓温泉の旅館を紹介..
石狩市浜益のミズダコ
from なまら旨い!北海道。
サンノゼ警察、参上!?(笑)
from 新・恋の話でもしたいところだが。
とにかくやるよ!
from 恋の話でもしたいところだが。
スルッと入国!
from 恋の話でもしたいところだが。
メニューでございます。
from 恋の話でもしたいところだが。
海外で日本のテレビを見よ..
from シンガポール奮闘記
ロケフリってどうかな
from 僕の欲しい本 欲しいもの
まあさん家で楽しく遊んで..
from ◆クリスとピエールの米国滞在..
エンジニアが斬る!今流行..
from 無料メルマガ持ってけ♪情報館..
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

午後7時16分の坂本九

仕事を終え、ちょっと寄り道したサニーベールから帰る途中だった。
車のラジオチャンネルをかちゃかちゃ変えていると、坂本九ちゃんの「上を向いて歩こう」が出た。
ふーん!と、次のチャンネルにしたところで、えっ?っと思い元に戻した。
FM99.7MHz、KFRC(オールディーズの局ですね)でかかっていた。
米国では有名な曲であると知りつつも、日本語の歌が何気にまわした局で流れているとちょっと驚く。
久しぶりに聞きながら20年前を思い出していた。
忘れもしない。
時は1985年8月12日午後6時半過ぎ。場所は成田空港の搭乗口だった。
一年半の不良生活を終え日本で「堅気」の生活を送り始めた私は、約一年ぶりに第二の故郷であるシアトルに向かおうとしていた。
午後7時半発だったかな?タイ航空便の搭乗をゲートで待っていたときである。
待合エリアにあるTVで緊急ニュースが流れた。
日航機墜落!乗客乗員全員安否不明!大惨事か?
うっそー!
あと少しで機上の人になるですけど。
飛行機事故は世界各地で連鎖するって言うし。
おろおろしながら、でも搭乗寸前までTVに釘付けだったことを鮮明に思い出す。
山崎豊子の著書「沈まぬ太陽」でも知られる、御巣鷹山の惨事ですね。
実際には違う山に激突したらしいのですが、奇跡的な生存者を生みつつも悲しい事故でした。
この事故で坂本九氏が亡くなりました。

あの夜のフライトは力いっぱい飲んで泥酔していたように記憶します。
(まあ、いつものことですが)
タイエアーの軍人上がりの機長はその後無事シアトルに届けてくれましたが、酔っ払いながらも複雑な気分のフライトでしたね。
もう、どれだけ空飛んだか分からないけど、あの時の精神状態は今までで2番目に怖がっていたと思う。
一番怖かったのは、香港の旧空港でオーバーランの機中にいたこと。
海に半分突っ込んだ。。。
そのときはほんとに怖かった。死ぬこと覚悟してたな。

怖いこと思い出してたら電話が鳴った。日本の高校時代の友人からだった。彼とはもう10年以上会っていない。
「おぉー!toyama!ひさしぶりだなぁ!元気かぁ?まだ毛ぇあるのかぁ?毛ぇー?もーつるっぱげじゃねぇーのかぁー?」
「なんだ?」
「おぉー!7月にそっち行くからよぉー!後方支援たのむなぁー!」
「で、おまえ一人か?家族とか?それともおねーちゃんといっしょか?」
「バカヤロー!おねーちゃんと一緒に決まってるだろうが!じゃな!」

てめーこそつるっぱげじゃねーか!
この色ボケ歯医者の逆さ蛍が。

大変不謹慎ですが、こーゆーやつは墜落したほうがいいと思いましたね。

おっかぁにばらすぞ!
[PR]

by tedtoyama | 2005-05-17 14:28 | 日記
<< ちょっと面白い本を見つけました スターウォーズと天丼 >>