DNAのある所


北海道での独り言
by tedtoyama
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
自己紹介
男 
1996年から11年在住した米国シリコンバレーを後にして、2006年9月から北海道に移住。
パートナー2人と共に新しい生活を始める。
生まれて初めての北海道。
期待いっぱいで突進だ。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
定山渓温泉の歴史
from 温泉:定山渓温泉の旅館を紹介..
石狩市浜益のミズダコ
from なまら旨い!北海道。
サンノゼ警察、参上!?(笑)
from 新・恋の話でもしたいところだが。
とにかくやるよ!
from 恋の話でもしたいところだが。
スルッと入国!
from 恋の話でもしたいところだが。
メニューでございます。
from 恋の話でもしたいところだが。
海外で日本のテレビを見よ..
from シンガポール奮闘記
ロケフリってどうかな
from 僕の欲しい本 欲しいもの
まあさん家で楽しく遊んで..
from ◆クリスとピエールの米国滞在..
エンジニアが斬る!今流行..
from 無料メルマガ持ってけ♪情報館..
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

海べりの小さな町

メモリアルデーの週末はどこへも出かけず、家でのんびり過ごそうと決めていた。
少し仕事でもするかなと机のディスクトップやキッチンのノートに触れ、スクリーンセーバーを解くとブログやニュースの画面が現れてしまい、ついついそっち方面に行ってしまう。
いかんいかんと本棚に目をやると、読みかけの本が「早く読んでよ」と迫ってくる。
うーむ!とコーヒーを注ぎに行けば背後で冷蔵庫が「今日のレシピ決まった?」と囁く。
なかなか誘惑が多いのだ。
やれやれと、カップ片手にベランダに出て煙草に火をつける。
少し風が出ていた。
でもこのライターは嵐の中でも大丈夫の、まことにもって心強いやつだ。

なんとなく外を眺めてたら、また旅に出たくなった。

毎年何度か仕事を中心にして米国内を旅行というか移動する機会はあるが、やっぱりぶらりと一人旅がいい。
近くても遠くても、たとえ2日、3日でも。

日本にいたときもよくふらふらと出かけた。行方不明の常習犯だったな。
今はメールや携帯で簡単に居場所分かっちゃうけど。

海べりにある小さな町に惹かれる。
南はメキシコ国境から北はカナダ国境まで続くI-5や、北LAからワシントン州の州都オリンピア近くまで延びる101、海岸沿いの1号線などはすべて制覇したが、101や1号線など海岸線がよかった。
近くではモントレー、サンタクルーズやキャピトーラ、ハーフムーンベイやパシフィカあたりが好きだ。
サンタバーバラ付近にもいくつか点在している。
ここから3時間ほど101を南下すると、シカモア温泉で有名なサンルイス・オビスポという町がある。そこから20分ほど山道を西へ向かうと、小さな漁師町に出る。
名前は忘れたが、ここに一軒だけあるレストラン兼バーで飲んだときも楽しかった。
真っ黒に日焼けして潮の匂いをぷんぷんさせた大柄な男たちがいた。
がさつで声でかかったけどやさしい男たちだった。
ウェイトレスのおばちゃんもおっきかった。
全体に「わしら魚捕ってるけど、食ってるのは肉です」という感じだった。
翌早朝、漁船に乗せてもらったな、あの時は。

またどっか行こ。
[PR]

by tedtoyama | 2005-05-29 09:41 | 日記
<< 何故か防弾チョッキ持ってたりして 犯人は銀行? >>