DNAのある所


北海道での独り言
by tedtoyama
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
自己紹介
男 
1996年から11年在住した米国シリコンバレーを後にして、2006年9月から北海道に移住。
パートナー2人と共に新しい生活を始める。
生まれて初めての北海道。
期待いっぱいで突進だ。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
定山渓温泉の歴史
from 温泉:定山渓温泉の旅館を紹介..
石狩市浜益のミズダコ
from なまら旨い!北海道。
サンノゼ警察、参上!?(笑)
from 新・恋の話でもしたいところだが。
とにかくやるよ!
from 恋の話でもしたいところだが。
スルッと入国!
from 恋の話でもしたいところだが。
メニューでございます。
from 恋の話でもしたいところだが。
海外で日本のテレビを見よ..
from シンガポール奮闘記
ロケフリってどうかな
from 僕の欲しい本 欲しいもの
まあさん家で楽しく遊んで..
from ◆クリスとピエールの米国滞在..
エンジニアが斬る!今流行..
from 無料メルマガ持ってけ♪情報館..
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

懲りずにまた結婚でもしてみます

お日様と一日遊んで帰ってきたら、日本から緊急メールが入っていた。
日本に2人いるドレイの一人からだった。
8歳年下のヤツはひたすら結婚願望の強い男だった。
でもってこれまでに2回失敗している。
最初は一人前になりたての26歳のときで3年で破局。
次はその後3年を経て2年で破局。
そして3度目の今回である。
結婚生活の期間がだんだん短くなってきているし、3度目の正直になることより
40前に破局するほうにベットするね。

昔ヤツに聞いたことがある。
その女性が好きなんじゃなくて、結婚が好きなだけだろ?と。
そんなことありません、本当にこの人好きなんです。だと。
どうも私生活では頼りないヤツだからなぁ。
だからいつも愛想つかされて逃げられちゃうわけだ。
仕事では別人のようにしっかりしてるのに。
大学病院で外科医をしている。

子分でも部下でも後輩でもない、ドレイであり医者でもある。

最初は同じ医局の女医、次が高校教師だった。
全体的にカタい感じはするが、まあそうなっちまったものはしょうがない。

今度の、多分かわいそうな運命をたどる女性はどんな人かなぁ、と思いながら
とりあえずおめでとうのメールを送った。
ついでに、新婚(といえるのだろうか?)旅行とかいってこっちに来るんじゃねぇーぞ!
俺はその人を紹介されても、まっすぐ目を見て話せそうもないから。
と書いておいた。

何回でもおやんなさい、どーぞどーぞ、5回でも10回でも。

今までもそうだったけど、結婚しようが昇進しようがドレイは変わんないからな!
[PR]

by tedtoyama | 2005-06-05 10:08 | 日記
<< その時咲いて消えたのは、海辺で... 減り続ける目方 >>