DNAのある所


北海道での独り言
by tedtoyama
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
自己紹介
男 
1996年から11年在住した米国シリコンバレーを後にして、2006年9月から北海道に移住。
パートナー2人と共に新しい生活を始める。
生まれて初めての北海道。
期待いっぱいで突進だ。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
定山渓温泉の歴史
from 温泉:定山渓温泉の旅館を紹介..
石狩市浜益のミズダコ
from なまら旨い!北海道。
サンノゼ警察、参上!?(笑)
from 新・恋の話でもしたいところだが。
とにかくやるよ!
from 恋の話でもしたいところだが。
スルッと入国!
from 恋の話でもしたいところだが。
メニューでございます。
from 恋の話でもしたいところだが。
海外で日本のテレビを見よ..
from シンガポール奮闘記
ロケフリってどうかな
from 僕の欲しい本 欲しいもの
まあさん家で楽しく遊んで..
from ◆クリスとピエールの米国滞在..
エンジニアが斬る!今流行..
from 無料メルマガ持ってけ♪情報館..
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

スパニッシュ・ハーレム

今日のお昼ご飯は、知り合いのレストランに行った。
でも食べたのはレストラン・メニューではなく、キッチンの皆さんの賄い用の食事をご馳走になった。
ただ飯というわけですね。(笑)
キッチンヘルパーのセサ君が作ってくれた、特製のチャーハンとから揚げ、サラダだった。
おいしかったよ。
セサ君、ありがとう。

彼を含め、このレストランにいるメキシコ人の皆さんは本当に働き者だ。
20歳を少し過ぎたくらいの若者であるが、こういった青年たちを、日本にいたころあまり見た記憶が無い。
兄弟や友人たちとアパートを借り、低賃金で一日中働き、メキシコに住む両親に仕送りまでしている。
平日のわずかな時間と日曜日だけのプライベートは、力いっぱいスポーツに励みパーティーに時間を費やす。
眩しいくらいの、
生きている若者たちだ。

食事の前にレストランのオーナーと話す機会があったのでアドバイスをした。
彼らの中でセサ君ともう一人の時給を上げるべきだと。
いい人材はモチベーションを高め、流出を事前に防いだほうがいい。
オーナーは頷いた。

現在のカリフォルニア州の最低賃金(連邦のそれとは異なる。もちろん高い)は
一時間$6.75である。
700円くらいであろうか。
サービス業を中心にして、多くの現場で働く彼らの時給はこの金額だ。
税金などを考慮すると手取りでは600円に満たない。
アパートの一人暮らしなどとてもできない給与水準である。

それでも本国に仕送りをし、元気一杯なかれらを見ていると自然と嬉しくなってくる。

ニューヨークではないけれど、ハーレムを感じた。

がんばれ、なんて言わないよ。

ただ
また一緒にテキーラを飲もうな。
[PR]

by tedtoyama | 2005-06-29 09:27 | 日記
<< アフリカで象に踏まれて死にました 身の回りのもの >>