DNAのある所


北海道での独り言
by tedtoyama
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
自己紹介
男 
1996年から11年在住した米国シリコンバレーを後にして、2006年9月から北海道に移住。
パートナー2人と共に新しい生活を始める。
生まれて初めての北海道。
期待いっぱいで突進だ。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
定山渓温泉の歴史
from 温泉:定山渓温泉の旅館を紹介..
石狩市浜益のミズダコ
from なまら旨い!北海道。
サンノゼ警察、参上!?(笑)
from 新・恋の話でもしたいところだが。
とにかくやるよ!
from 恋の話でもしたいところだが。
スルッと入国!
from 恋の話でもしたいところだが。
メニューでございます。
from 恋の話でもしたいところだが。
海外で日本のテレビを見よ..
from シンガポール奮闘記
ロケフリってどうかな
from 僕の欲しい本 欲しいもの
まあさん家で楽しく遊んで..
from ◆クリスとピエールの米国滞在..
エンジニアが斬る!今流行..
from 無料メルマガ持ってけ♪情報館..
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

それは真夜中の組み手で始まった

SJC、ノーマン・ミネタ・サンノゼ・インターナショナル・エアーポートは、自宅から車で15分に位置している。
近いのはいいのだが、SFOやLAXと違い、国際線が少ないのでイミグレや税関でのチェックがしつこい。
おまけに窓口も少ないので余計に時間が掛かる。
午前10時40分着予定のAA128便は20分遅れ、11時に到着した。
この時間はその便だけの乗客の入国審査なのに、待っていた人はその後1時間15分経って現れた。
出てくる人をカウントしていて、138番目だった。
疲れているようだったけれど、涼しげな瞳と共に笑顔で突然現れた。

嬉しかったよ。お疲れ様。

修子。

待っている時、彼女のために用意していた携帯電話が鳴った。
しばらく連絡が無かった友人からだった。
SFO近くに住む電話の相手は、修子の到着を期待しての第一報を入れようとしてくれた。

おっさんが電話に出ちゃったけれど、嬉しかった。ありがとう。

ミツワによって家に帰り再会に祝杯をあげた。
明太子と枝豆と中国ブロッコリーをツマミに。

ゆったりと静かな午後を過ごしながら、ゆっくりとワイングラスを傾けた。

彼女の好きな、そして私も好きである格闘技の話になった。
この人は本当に格闘技を見るのが好きなんだなあと思った。
思い入れがある。
あれ?
見るだけじゃなく自分でもその環境を体験したいみたいだ。
あれ?
空手とか少林寺拳法とか喧嘩とかやっていたんなら、ちょっと組み手でもしないか?
そう言って彼女は構えた。

いいよ。

深夜に二人で組み手をした。
防御が結構大変だった。
それぞれ一発づつ、かるくパンチを受けながら組み手を終えた。

こんな人は初めてだ。
[PR]

by tedtoyama | 2005-07-30 13:35 | 日記
<< 2005年の7月が終わる はじめて見る顔 >>