DNAのある所


北海道での独り言
by tedtoyama
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
自己紹介
男 
1996年から11年在住した米国シリコンバレーを後にして、2006年9月から北海道に移住。
パートナー2人と共に新しい生活を始める。
生まれて初めての北海道。
期待いっぱいで突進だ。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
定山渓温泉の歴史
from 温泉:定山渓温泉の旅館を紹介..
石狩市浜益のミズダコ
from なまら旨い!北海道。
サンノゼ警察、参上!?(笑)
from 新・恋の話でもしたいところだが。
とにかくやるよ!
from 恋の話でもしたいところだが。
スルッと入国!
from 恋の話でもしたいところだが。
メニューでございます。
from 恋の話でもしたいところだが。
海外で日本のテレビを見よ..
from シンガポール奮闘記
ロケフリってどうかな
from 僕の欲しい本 欲しいもの
まあさん家で楽しく遊んで..
from ◆クリスとピエールの米国滞在..
エンジニアが斬る!今流行..
from 無料メルマガ持ってけ♪情報館..
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ハッピー・ホリデーって。

パートナーの具合も良くなってきたので?今日は硬めのお話から(笑)
インターネット経由でTVを楽しむため、最低でも下り300kbpsのスピードが必要らしい。推奨は1Mbps以上とか。
夏まで利用していたSBCのDSLや現在使用しているアパート内のWiFi(WayportがISP)などでは、実際のスループットは混雑期で500kbps前後がやっとであった。
WiFiは802.11gの54Mbpsでつながっているとは言え、あくまで構内アクセスポイントまでの話であって、バックボーンはT1かT3を分岐させているから無理も無いか!
そこで今回思い切ってコムキャストのデジタルユーザーになり、かつケーブルモデムでのサービスを受けることにした。
なんでも最大6Mbps出るらしい。
とりあえず一日を通して1Mbps出てくれればいいのと、PCが4台になり、それぞれにインストールした無線LANカード経由でアパート内のサービスを受け続けると、一台あたり月に$30かかるので、いっそケーブルモデムに無線ルーターをかましてワイアレスの家庭内LANを構築することに決めた
ネットで水曜日に申し込んだら、TVの接続などの設定サービスは土曜日の午前中に予約されました、とのことだった。
結果は、翌日の木曜日午前11時にサービスマンがやってきてセットトップボックスを設置し、ケーブルモデムとセルフインストールキットを置いて行きました(笑)
相変わらずいい加減なアメリカですね。
それではと、早々Fry‘sに無線ルーターを買いに行きセットアップしてみた。
つながりましたね。
そしてスピードも申し分ない。とりあえず3台のPCでほぼ同時に計測してみたらそれぞれ十分1Mbps以上出ていた。よしよしとばかりに、ルーターの管理者用パスワードの更新や、ネットワークでのアクセス暗号化キーの設定を後回しにして、コンリーの散歩に行って帰ってきたら???
たった1時間の間に、どこかの誰かに乗っ取られていました、ルーターが。
くっそー!やれれた。でも自分が不注意だったしなあとあきらめ、じたばたせずに、ルーターをFry‘sに持っていって、壊れていたから交換してねって言おうと決めた。

そして今日、すんなりと新品のルーターを持ち帰り、慎重に再度セットアップして完了。
いやはや。
実は今日のセットアップも、同じ製品なのにいろいろと手ごわい状況に陥りましたがなんとか切り抜けました。
ともかくこれで、日本のブロードバンド環境には程遠いけれどアメリカでは良い線いってる感じになりました。

そういえば話は変わりますが、路線バスの行き先表示(路線番号)の部分(バスの正面、運転手の上の当たりにある電光掲示)に、Happy Holidayって表示されてますね。
どのバスも。
サンノゼ空港内の各種シャトルバスもそうでした。
この表示の後従来の情報が映し出されるのですが、動いているバスを目で追っかけている間中「Happy Holiday」だったりすると本来の情報が読み取れませんね。
実際先日空港でそうでした。

でもクリスマスだから許しちゃいます。
[PR]

by tedtoyama | 2005-12-10 12:10 | 日記
<< 健康診断 自分をだいじにね! >>