DNAのある所


北海道での独り言
by tedtoyama
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
自己紹介
男 
1996年から11年在住した米国シリコンバレーを後にして、2006年9月から北海道に移住。
パートナー2人と共に新しい生活を始める。
生まれて初めての北海道。
期待いっぱいで突進だ。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
定山渓温泉の歴史
from 温泉:定山渓温泉の旅館を紹介..
石狩市浜益のミズダコ
from なまら旨い!北海道。
サンノゼ警察、参上!?(笑)
from 新・恋の話でもしたいところだが。
とにかくやるよ!
from 恋の話でもしたいところだが。
スルッと入国!
from 恋の話でもしたいところだが。
メニューでございます。
from 恋の話でもしたいところだが。
海外で日本のテレビを見よ..
from シンガポール奮闘記
ロケフリってどうかな
from 僕の欲しい本 欲しいもの
まあさん家で楽しく遊んで..
from ◆クリスとピエールの米国滞在..
エンジニアが斬る!今流行..
from 無料メルマガ持ってけ♪情報館..
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

あと5日

b0049291_1224457.jpg2月はなかなか忙しくもあり、刺激的な月になりそうです。
理由:
1. 28日しかないので仕事が詰まる
2. 修ちゃん(11日)、私(2日)と、二人の誕生日を迎える
3. 10日にサンフランシスコで日米代表チームのサッカーの親善試合を観戦する
4. 26日にサンノゼで寄席を見る
5. 11日か12日にサウス・レイク・タホで結婚する
などです。

2月2日で、なんと47歳になります。
好きなことばかりやってきたので、60歳くらいまでこんな感じで生きていられればいいかなぁ
と思っていました。
でも今は家族ができたので、65歳くらいまでは生きていたいなあ、と思い始めています。
長生きには興味がないのですが、早死にするのも怖いなあ、というのが正直な気持ちです。

修ちゃんと知り合ったころ、彼女の最期を看取って日本でお葬式をあげ、シドパパと一緒に
故人を偲びつつ、苦労話で話が盛り上がり、あまりにも話が尽きないので、いつのまにか
本人も偲ぶ会にまざっちゃう、なんてことを話しました。

こんなことを書きましたが、本音では彼女との生活を「苦労」などと一滴も感じていないんです。
はたから見たら大変そうに見えるのかもしれません。
でも、楽しくて愛しくて、感性の塊のこのヒトとの出会いと、その後の生活は毎日がマジックです。

それから、私が先に逝ったら好きだった海に遺灰をまいてねって約束しました。

項目の5番目はもっともビッグなイベントです。
外部に対して時間的余裕がないので、二人だけで、誕生日を祝いつつ行うことにしました。
何とか車でタホまで行って結婚してくる予定です。

日本では5月の連休になる頃、サンノゼ近辺で結婚しました宴を企画しようかと考えています。

PS.
写真は本文との関連がまるで無くて、お友達のAliceちゃんの勤務地近く(リバモア)の
風力発電の風景です。
フロペラ回ってないけど(笑)
[PR]

by tedtoyama | 2006-01-29 12:04 | 日記
<< タックス・リターン ガソリンめ! >>