DNAのある所


北海道での独り言
by tedtoyama
自己紹介
男 
1996年から11年在住した米国シリコンバレーを後にして、2006年9月から北海道に移住。
パートナー2人と共に新しい生活を始める。
生まれて初めての北海道。
期待いっぱいで突進だ。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
定山渓温泉の歴史
from 温泉:定山渓温泉の旅館を紹介..
石狩市浜益のミズダコ
from なまら旨い!北海道。
サンノゼ警察、参上!?(笑)
from 新・恋の話でもしたいところだが。
とにかくやるよ!
from 恋の話でもしたいところだが。
スルッと入国!
from 恋の話でもしたいところだが。
メニューでございます。
from 恋の話でもしたいところだが。
海外で日本のテレビを見よ..
from シンガポール奮闘記
ロケフリってどうかな
from 僕の欲しい本 欲しいもの
まあさん家で楽しく遊んで..
from ◆クリスとピエールの米国滞在..
エンジニアが斬る!今流行..
from 無料メルマガ持ってけ♪情報館..
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

2005年 04月 12日 ( 1 )


付きまとうバーバラ

昔からストライクゾーンは広かった。
幼稚園児から70過ぎのばぁさんまで結構すぐお友達になれる。付け加えると犬もそうだ。大体5秒くらいで仲良しになる。
お年頃の中間層はもうちょっと時間がかかりますね。3分から1年(笑);
仲良しになるのはいいんだけど今日はちょっと怖かった。
まずは、出だしでつまづきました。
朝早く近所のセーフウェイに買い物に行った時のことです。車を駐車して店内に入ろうとしたら、両手に大きな買い物袋をさげた一人のおばぁさんが出てきました。カート使えばいいのにと思い心配しながら見ていたら、セーフウェイの駐車場から離れていこうとするではないですか。こりゃちょっと大変だなと、おばぁさんの後を追っかけて「車までお持ちしましょうか?車はどちらですか?」と申し上げた。
おばぁさんは立ち止まり、怪訝そうに私を見つめて言った。「車で来ていない。あの道を挟んだ向こう側のアパートまで行く」
「そーですか、大変ですね。お持ちしましょうか?」と再度申し上げた。
「あなたが持ちたいのなら、持ってもよろしい」とおばぁさんは言いました。
何だぁ?と思いましたね。
どーしても持ちたいので持たせてくだせぇ!と言うのも何か変だしバカらしくなって「お気をつけて」といってお別れした。
まあ確かに余計なお世話だと思われるかも知らんが、あの言い方はないだろう、と朝っぱらからぷりぷりして始まった今日の午後、知人のお使いでマウンテンビューの仏教会に行った。
私自身は仏教会と何の関係も無く、お使いで何度か訪れたことはあるが内部に知人も友人もいない。過去事務局の人や、たまたま出くわしたおじいさん、おばぁさんにお願いしてお使いを済ませる程度だった。
今回も、こんにちはー、と入って行くとおばぁさんが2人いた。一人が手をふって言った。
「あっ、toyamaさーん、こっち、こっち」
???(知らんぞ!俺はあんたなんか知らんぞ!)と思いつつ「ん?はぁーい」と中に入った。
「toyamaさん、ご苦労様。アダチさんから聞いていたんだけど、ありがとうね。ねぇヌマタさん」と隣のおばぁさんを見ながら微笑んだ。「ナカムラですよぉー!私」
(ほんとに知らんぞ!あんたもアダチさんもヌマタさんも知らんぞ!)
ともかく、それじゃこれ、Iさんからの預かりものです、失礼します、と答えた去り際、
「ほんとにIさんも忙しいわね。ありがとね、またいらっしゃいね、toyamaさん」と言われた。
何で名前知ってるですか?私の。と思いながら「はぁーい!」と答えて逃げ帰った。
帰る途中、同じくマウンテンビューのニジヤに寄った。掲示板をチェックし店内を回った。ラーメンエリアをチェックして、おっ「行列のできるラーメン」シリーズの和歌山編があるな、ミツワには今無かったな、買って行くか、と考えていたらヒトの視線に気が付いた。
ふと顔を上げると見知らぬばぁさんが見つめている。作り笑いのような中途半端な顔で軽く会釈して通り過ぎようとした際に声をかけられた。
「toyamaさん、こんにちは。お買い物ですか?」
???(勘弁して下さい。ほんとに知らんのです。あんた誰?)
「はぁ?たまにはニジヤでと思いまして」と何だか自分もわけが分からなくなっている。
ラーメンとポッキー買って逃げ帰った。
そのまま帰宅すればよかったのだが、いつもの習性で紀伊国屋に立ち寄った。なにげに店内一周してドアを出ようとしたら、また見知らぬばぁさんに会釈された。会話は無かったけど本当にドキドキしてきた(笑)
怖い!アメリカのばぁさん達、バーバラが攻めてくる。
またしても逃げ帰って、今は自宅でじっとしている。
[PR]

by tedtoyama | 2005-04-12 13:26 | 日記