DNAのある所


北海道での独り言
by tedtoyama
自己紹介
男 
1996年から11年在住した米国シリコンバレーを後にして、2006年9月から北海道に移住。
パートナー2人と共に新しい生活を始める。
生まれて初めての北海道。
期待いっぱいで突進だ。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
定山渓温泉の歴史
from 温泉:定山渓温泉の旅館を紹介..
石狩市浜益のミズダコ
from なまら旨い!北海道。
サンノゼ警察、参上!?(笑)
from 新・恋の話でもしたいところだが。
とにかくやるよ!
from 恋の話でもしたいところだが。
スルッと入国!
from 恋の話でもしたいところだが。
メニューでございます。
from 恋の話でもしたいところだが。
海外で日本のテレビを見よ..
from シンガポール奮闘記
ロケフリってどうかな
from 僕の欲しい本 欲しいもの
まあさん家で楽しく遊んで..
from ◆クリスとピエールの米国滞在..
エンジニアが斬る!今流行..
from 無料メルマガ持ってけ♪情報館..
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

2005年 05月 16日 ( 2 )


スターウォーズと天丼

b0049291_1243189.jpgいよいよ今週の木曜日一般公開だ。
スターウォーズ・エピソードⅢですね。
先週木曜日SFOやLAXなどで$500のプレミア先行公開されていたが、いよいよ一般人にも観る事が許される日が来る。
今日日曜日にカンヌ国際映画祭でプレス向け特別試写会があった。
大喝采だったという。
拍手喝采に加えて、ダース・ベーダー誕生が分かった瞬間は雄叫びが会場を包んだらしい。
早く見たい!
ただ残念なのは試写会の後の公式会見で、ルーカス監督が全9エピソード構想の残る7-9は作らないと語っていたことだ。
まあとりあえずエピソードⅢ見てから改めて残念に思うことにしよう。

最初のエピソードⅣは学生になりたてのときだった。
地元に帰省中、高校時代の友人と酒を飲み映画を見た。
素晴らしかった。感動の深夜だった。
ほろ酔い気分も吹き飛び、映画館を出たときは夢のような気分のなかで極度の空腹感を覚えていた。
友人とともに深夜営業の「めし処」の暖簾をくぐり私は天丼を注文した。
友人が何を食べたかは覚えていない。
ただ二人とも無言で食べた。
その時の天丼が今でも忘れられない。普通のえび天丼だったはずだが、とびきり旨かった。
その後スターウォーズの各シリーズを見た後は必ず天丼を食べている。
b0049291_1456855.jpg今夜はまだ見てないけど天丼にしよう。

中学、高校時代の多感なころ見た映画にはいくつかの思い出があって、テーマ曲とともに思い出す。
「小さな恋のメロディー」「ある愛の歌」「フレンズ」などなど。
ラブストーリー見たときは中学生だったなぁ。
立ち見だった館内は女子高校生で溢れてた。
いつの間にか左隣で立ち見していた高校生のおねーさんが私の手を握っていた。
中学生の小僧には衝撃的な出来事でしたね。
映画に集中していたとはいえ両方にドキドキしてしまった。
微妙におねーさんの力加減が変化していたあの感触は今でも忘れない。

甘酸っぱい時代のほんのりした思い出です。
[PR]

by tedtoyama | 2005-05-16 12:44 | 日記

賞味期限

明日も泳げるかなあ?
今日はアルコール抜きも兼ねて昼過ぎから泳いだ。
でも周りはビール飲んでるやつばっかだったのが悔しかった。
プール仲間のブライアンがコロナを勧めてくれたけど断った。ものすごく後ろ髪引かれたけど。今日日中は飲まないよーだ!太陽と真水だよーだ!
昨日の酒抜いてるのにビールなんか飲めるか!
でもとても飲みたかった。

ニジヤでおばばに追われたときのことです。
急いで買って逃げ帰ったときの「行列のできるラーメン」シリーズ和歌山編の賞味期限を見てみた。
刻印されているのだが文字が消えている。あっちこっち角度を変えて刻印を解読したら2005年3月5日になっていた。一ヶ月以上も期限を過ぎているではないか!
翌日ニジヤでチェックしてみたら、行列のできるシリーズすべて期限切れであった。店員に尋ねると、彼は事務所に行きすぐ戻ってこういった。
「冷凍されてきていますから1、2ヶ月は大丈夫です」
おいおい、冷凍だろうがなんだろうが期限は期限だろうが!
それに1、2ヶ月とはなんだい?1ヶ月ならそれすら過ぎてるし、第一アバウト過ぎやしませんか?
他のメーカーのラーメンをしらみつぶしに調べてみるとびっくり。期限切れや明らかに現地店舗で貼り付けた期限シール、などがたくさんあった。
あわててミツワに向かいおんなじように調べてみたら結果も同じだった。
ちょっと考えてしまいましたね。
賞味期限がやたら長いのも不思議だと思う。
期限切れを食べるよりはましだけど。

人間の賞味期限について考えちゃった。
いつまでもバリバリの現役であるうちは、その期限内だろうな。現役でありたいと想う気持ちが強くあるだけでもいいのかもしれない。
夢や仕事や恋に趣味。自分のために一生懸命な間は賞味期限が切れないだろうと。

夢枕獏の著書「陰陽師」のなかで、安部晴明が源博雅に呪について語る一場面。
「男が女を愛しいと想う。女が男を愛しいと想う。その気持ちに名をつけて呪(しば)れば恋」
好きな文の一つです。
[PR]

by tedtoyama | 2005-05-16 08:14 | 日記