DNAのある所


北海道での独り言
by tedtoyama
自己紹介
男 
1996年から11年在住した米国シリコンバレーを後にして、2006年9月から北海道に移住。
パートナー2人と共に新しい生活を始める。
生まれて初めての北海道。
期待いっぱいで突進だ。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
定山渓温泉の歴史
from 温泉:定山渓温泉の旅館を紹介..
石狩市浜益のミズダコ
from なまら旨い!北海道。
サンノゼ警察、参上!?(笑)
from 新・恋の話でもしたいところだが。
とにかくやるよ!
from 恋の話でもしたいところだが。
スルッと入国!
from 恋の話でもしたいところだが。
メニューでございます。
from 恋の話でもしたいところだが。
海外で日本のテレビを見よ..
from シンガポール奮闘記
ロケフリってどうかな
from 僕の欲しい本 欲しいもの
まあさん家で楽しく遊んで..
from ◆クリスとピエールの米国滞在..
エンジニアが斬る!今流行..
from 無料メルマガ持ってけ♪情報館..
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

2005年 05月 19日 ( 2 )


音と香り

結構敏感なほうだと思う、でも繊細ではない。らしい。
人間にとって好ましい音や香りと、不快に感ずるそれがある。
私固有のそれらも存在する。
高校時代に、自転車通学だったけど雨の日はたまにバスで学校行った。
梅雨時のバス内は高校生で溢れていた。ほとんどが女子高生だったバスを降りて校門の前で吐いた。
雑居ビルの5Fで飲んだ帰り、エレベーターは人だかりだった。コロンと汗と人の匂い。
エレベーター降りて吐いた。
日本にいたころ病院に行くといつも怯えていた。
あの独特の匂いが私を手術台に乗せる。
お見舞いに行って、患って帰るの連続だった。
米国ではそんな経験はなくなったが、たまに怪しい香りに出会うときがある。
人生を、人間を終わりにする香り。やべー!やべー!と退散する。
数年前ナーシング・ホームのお手伝いをしていたときのことを思い出した。
もう亡くなられたおばあちゃんがベッドで話してくれた。
病室で寝ていても、朝素敵なコーヒーの香りで目が覚めるのってウェルカムよね。

嫌な音ってありますね。
雑音も含めて大きな音や人の声。小さくても瞬間自分を見失うような音や声。
私自身の話し声は、よく人から「バカ声」といわれますが。
ほとんど惹かれていたけど、香りが苦手で断念せざるを得ない人がいた。
ほとんど好みだったけど、声だけがだめで好きになれなかった人もいた。
難しいですね。

今年のMIT発明賞を受賞したATC(アメリカン・テクノロジー社)のHSS(ハイパー・サウンド・テクノロジー)はなかなか面白いです。
2002年にサンディエゴのATC社を取材しましたが、商用、軍事その他に幅広く応用されつつあります。
音源(スピーカー)から10mほど離れて立っていたとしますね。
途中8-9mまでの間は何も聞こえないんです。立っている付近で音になる。それも指向性が高い。
つまり半歩でも左右に動くと聞こえなくなるわけです。
騒音の軍艦上で情報を伝達する際、巨大な拡声器を使うことなく100m先の兵隊に指示できるわけです。
デパ地下での様子も変わりそう。
鮮魚売り場に足を踏み入れたとたんに、今日のお勧めのアナウンスがどこからともなく聞こえる。
すぐ隣の人には何も聞こえない。
マンションの5Fに住むおじさんの部屋の窓、顔を出した右側の窓枠に向かって
「いい子いますよ。5000円ぽっきり!」
ほかの誰にも聞こえていない。
この技術はイラクで武器にも使われている。

もともとは日本人の発案件のアイデアで期限が切れたパテントなんだが。
[PR]

by tedtoyama | 2005-05-19 14:01 | 日記

こんなのカリフォルニアじゃない!

b0049291_1244368.gifもう5月も半ばを過ぎたというのに、空には雲がある。変な風も吹いているし。
おかしな日々からなかなか抜け出せないでいる。
近年の異常気象については以前触れたが、北カリフォルニアは今年も例年ではなさそうだ。
いつもなら、4月中旬から10月までは97%の日が、雲なし快晴、気温77度F(25℃)湿度30%で決まりなのに。(天気予報は不要ですね)
ウルトラマンといっしょで、太陽の光がないとどんどん弱っていく体の持ち主としては辛い。
赤外線も捨てがたいが紫外線が大好きです。可視光線は普通。
UVフェチってあんまりいないだろうなぁ!

午前中所要でスタンフォード大学に出かけた。APARCに用事があった。
フーバータワーの横のEncina Hallの3Fにアジア・パシフィック・リサーチセンター(APARC)がある。
そういえば珍しく今日はドクター沖本が在室してた。ダニエル・沖本教授の部屋のドアには「沖本」と漢字で表札がかかっている。いろいろとユニークな先生だ。
帰り際、考え事しながらHallの階段を下りようとして石柱に頭ぶつけた。
確実に1kBはメモリ破壊があっただろう。
ただでさえ酔酔破壊が進んでいるのに困ったことだ。
スタンフォードでぶつけたら頭良くなんねぇかな?

サンノゼへの帰路、車中で天気に怒っていると、85を南下中前方が明るいのに気が付いた。
サラトガの山のほうですね。
次の予定まで3時間ほど余裕があったので、光を求めて南下した。
b0049291_1245227.jpgHWY17に乗りサンタクルーズまで行っちゃった。
海は晴れていた。
いい気分だった。
カラータイマーも青に戻り次の仕事へと弾みをつけた。
[PR]

by tedtoyama | 2005-05-19 10:59 | 日記