DNAのある所


北海道での独り言
by tedtoyama
自己紹介
男 
1996年から11年在住した米国シリコンバレーを後にして、2006年9月から北海道に移住。
パートナー2人と共に新しい生活を始める。
生まれて初めての北海道。
期待いっぱいで突進だ。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
定山渓温泉の歴史
from 温泉:定山渓温泉の旅館を紹介..
石狩市浜益のミズダコ
from なまら旨い!北海道。
サンノゼ警察、参上!?(笑)
from 新・恋の話でもしたいところだが。
とにかくやるよ!
from 恋の話でもしたいところだが。
スルッと入国!
from 恋の話でもしたいところだが。
メニューでございます。
from 恋の話でもしたいところだが。
海外で日本のテレビを見よ..
from シンガポール奮闘記
ロケフリってどうかな
from 僕の欲しい本 欲しいもの
まあさん家で楽しく遊んで..
from ◆クリスとピエールの米国滞在..
エンジニアが斬る!今流行..
from 無料メルマガ持ってけ♪情報館..
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

2005年 05月 30日 ( 1 )


何故か防弾チョッキ持ってたりして

今朝は6時前という中途半端な時間に目が覚めた。
日曜日で何も予定が無いのにである。
目を開けて体を起こす前に周りの様子が違うことに気が付いた。
あれ?ここどこだ?
めったに無いことだが、昼寝用のソファベッドで息絶えていた。
飲みながら旅に思いを巡らせていたので、無意識にいつもと違うところでとなっていたのだろう。
昨夜は家の中で小さな小さな旅をしたのだな。
隣の部屋のベッドを見つめてやれやれと一人で苦笑した。
これはかなり本格的に旅に出たくなって来ている様だ。

早朝のプールサイドに出てみてたらジイサン、バアサンが太極拳でゆらゆらしてた。
椅子に腰掛けてしばらくそれをぼーっと見ていた。
寝ぼけた頭はまだ旅の続きを夢見ているようだ。
昨日は未来へ飛んでいたが、今朝はどうやら過去をさまよっている。
第二次天安門事件直後に行った北京をうろうろした後、13年前の暮れも押し迫ったころの米国へと移っていた。
1ヶ月の長期出張の締めくくりに3日ほどシアトルに滞在していた。
トロント、ボストン、シカゴ、サンフランシスコを訪ね、帰国前に休養も兼ねて第2の故郷へ立ち寄った。
そこへ日本から連絡が入った。
「3日後の帰国早々で悪いけど、返す刀で年末年始2週間ほどイスラエルに行ってね。休み返上で」
なぁーにが返す刀だ!しかもイスラエルだと?
中小企業がそんなとこと何やろうというんだね?
当時は湾岸戦争直後で、現在と同じようにいろいろ中東はざわついていた。
過激派の過去も思い出し、かなり本気で身構えたのを記憶している。
こりゃぁ、へたすりゃ死に目だな。
そんなとこ怖いんじゃないの?
翌日、冗談とも本気ともつかない状態でシアトルのダウンタウンにある、軍事用品払い下げ店と郊外の警察グッズ・ショップへ行った。

b0049291_123116.jpg気が付いたら警察グッズ・ショップで防弾チョッキを買っていた。

そのときはまだ、防弾チョッキを荷物に入れた所持金5千円の半浮浪者になり
テルアビブへの乗り継ぎのオランダ、スキポール空港内で48時間を過ごす身になるとは誰も思ってはいなかった。
[PR]

by tedtoyama | 2005-05-30 12:04 | 記憶