DNAのある所


北海道での独り言
by tedtoyama
自己紹介
男 
1996年から11年在住した米国シリコンバレーを後にして、2006年9月から北海道に移住。
パートナー2人と共に新しい生活を始める。
生まれて初めての北海道。
期待いっぱいで突進だ。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
定山渓温泉の歴史
from 温泉:定山渓温泉の旅館を紹介..
石狩市浜益のミズダコ
from なまら旨い!北海道。
サンノゼ警察、参上!?(笑)
from 新・恋の話でもしたいところだが。
とにかくやるよ!
from 恋の話でもしたいところだが。
スルッと入国!
from 恋の話でもしたいところだが。
メニューでございます。
from 恋の話でもしたいところだが。
海外で日本のテレビを見よ..
from シンガポール奮闘記
ロケフリってどうかな
from 僕の欲しい本 欲しいもの
まあさん家で楽しく遊んで..
from ◆クリスとピエールの米国滞在..
エンジニアが斬る!今流行..
from 無料メルマガ持ってけ♪情報館..
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

2005年 09月 27日 ( 1 )


TreoがMSになってしまった

見出しだけだと何のことかわかんない人が多いと思いますが、日本でもかなりのニュースになっていますね。
欧州や米国を中心にして、「スマーフォン」と呼ばれる携帯端末が人気です。
携帯電話機能と、インターネットへのアクセスやMSのオフィス機能など小型のパソコン機能を併せ持った端末のことです。
ブラック・ベリーもその一つですね。

今日サンフランシスコで発表があったのは、パームがMSのウインドウズ・モバイルを採用した端末をベライゾン・ワイアレスから来年発売する、と言うものでした。
携帯端末業者であるパームは、今までパームOSを採用していました。
元々は自社製品のソフトだったのですが、これを開発している部門が独立しパーム・ソースという会社になり、そこから供給を受けていました。
パーム・ソースは今年、日本のアクセスと言う会社に買収されています。
そんな中パームはいろいろと模索していたんでしょうね。そしてそこへ(言葉は悪いが)MSがつけ込んだわけです。
キャリアはベライゾン・ワイアレス。

きれいどころが並び、パームとしては一安心でしょうか?
今年の夏前にサンタクララの小さな建屋から、サニーベールの大きなビルへとオフィスを移転したパームにちょっと注目していたんですが、なるほどね。
Treoの売上は順調ですが、会社全体の財務状態は決してよくないのにと思っていたわけです。一時(数年前)は会社の存続大丈夫?とまで思わせたことがありましたから。

ところでスマートフォン、日本ではどうなんでしょうかねえ?
欧米ではデスクトップ->ラップトップー>PDA(携帯端末)・・・携帯電話、とすみ分けされながらも機能統合が少しずつ進んでいますが、日本は最初から現在も携帯電話とPCは別物で、携帯電話にPCの世界のトレンド的な機能だけが随時インプリメントされてきていますね。
結果的にどちらも同じような機能や使い勝手になってくるのですが、開発側やユーザーにとってはまるで異なったことになっています。

いずれも文化と言うよりは「慣れ」ですね。
私も日本にいたら携帯電話でメールを楽しんでいるでしょう。
今はといえば、メールの送受信が携帯電話で出来るのは大変便利だと思いつつ、やっぱり直接電話してしまいます。
メールの着信やブログのコメント通知が携帯電話に音で入ってくるのと、実際のボイスの着信を受けるのとの違いが今ひとつ分からないからです。
分かっているのは、メールなどの着信は単音もしくはフレーズ一個、音声の場合は相手が出るまでか、複数音のリングトーンがある、ことでしょうか。
それらは何とでも調節できるし。
もう一つは、音声電話の場合直接相手につながる(あたりまえか?)ことで、メールやコメントの場合、電話やパソコンにつながり(メッセージが残り)その後相手が時間や送信者を直接意識せずに読む、といったことくらいでしょうか。(でも常にチェックしているようですね:笑)
私にとってはちょっとめんどくさいです。

文字にするのも大事だけれど、しゃべればいいんじゃないかと、声でコミュニケートすれば済むんじゃないかと、そう思いました。
楽だし早いし。
それは精神的にもプレッシャーがないし、話言葉が一番その人を評価・観察できるので。

あれっ!TreoとMSがこんな話になっちゃった。
[PR]

by tedtoyama | 2005-09-27 12:08 | 日記