DNAのある所


北海道での独り言
by tedtoyama
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
自己紹介
男 
1996年から11年在住した米国シリコンバレーを後にして、2006年9月から北海道に移住。
パートナー2人と共に新しい生活を始める。
生まれて初めての北海道。
期待いっぱいで突進だ。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
定山渓温泉の歴史
from 温泉:定山渓温泉の旅館を紹介..
石狩市浜益のミズダコ
from なまら旨い!北海道。
サンノゼ警察、参上!?(笑)
from 新・恋の話でもしたいところだが。
とにかくやるよ!
from 恋の話でもしたいところだが。
スルッと入国!
from 恋の話でもしたいところだが。
メニューでございます。
from 恋の話でもしたいところだが。
海外で日本のテレビを見よ..
from シンガポール奮闘記
ロケフリってどうかな
from 僕の欲しい本 欲しいもの
まあさん家で楽しく遊んで..
from ◆クリスとピエールの米国滞在..
エンジニアが斬る!今流行..
from 無料メルマガ持ってけ♪情報館..
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

2006年 03月 24日 ( 1 )


お帰り!

午前11時13分着予定のUA838便は、予定より5分送れて到着しました。

前回はSFO上空を旋回したりして1時間以上も到着を待ちましたが、今回はすんなり
着いたようです。

昨日まで、ベッドの位置を変えたり、掃除機をかけたり、お洗濯したり、何やら落ち着かないと言うかなんいというか。
そんな日を過ごした後、今日はすっきりと目が覚めました。
最近起きると同時にお腹が空いているなあ。
気がついたら、いつもの修ちゃんの寝位置で寝てました。
コンちゃんは私の枕でリラックスしている模様。

お友達から昨夜メールを貰いました。
先日修ちゃんとランチしていたときに、米国での滞在は私達の家だと言えばいいのでは?
米国人と結婚されてご子息達とともにシリコンバレーに住む彼女は、修ちゃんの滞在を
より明確にするべく、そんな申し出をしてくれていました。
彼女は昨夜、私が空港にいた方が、何かあった場合いいのでは、と言ってくれて、今朝空港まで来てくれました。
ありがとう。
本当に嬉しかった。

心配性の日本人は、やっぱり小心に修ちゃんを待っていようと心に決めていたので、
とっても心強かった。

で、彼女は到着から30分でささっと現れました。
お友達の顔を見て思わず「うるうる」してました。

煙草吸うベー!コンちゃんの顔見るベー!(笑)

修ちゃんは、とっても元気に帰ってきました。

お帰りなさい。
お疲れ様。

まあこの出汁巻き卵と明太子おにぎり食べなさいよ。
[PR]

by tedtoyama | 2006-03-24 13:56 | 家族