DNAのある所


北海道での独り言
by tedtoyama
自己紹介
男 
1996年から11年在住した米国シリコンバレーを後にして、2006年9月から北海道に移住。
パートナー2人と共に新しい生活を始める。
生まれて初めての北海道。
期待いっぱいで突進だ。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
定山渓温泉の歴史
from 温泉:定山渓温泉の旅館を紹介..
石狩市浜益のミズダコ
from なまら旨い!北海道。
サンノゼ警察、参上!?(笑)
from 新・恋の話でもしたいところだが。
とにかくやるよ!
from 恋の話でもしたいところだが。
スルッと入国!
from 恋の話でもしたいところだが。
メニューでございます。
from 恋の話でもしたいところだが。
海外で日本のテレビを見よ..
from シンガポール奮闘記
ロケフリってどうかな
from 僕の欲しい本 欲しいもの
まあさん家で楽しく遊んで..
from ◆クリスとピエールの米国滞在..
エンジニアが斬る!今流行..
from 無料メルマガ持ってけ♪情報館..
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

2006年 09月 04日 ( 2 )


寝顔と人生の埃

とてもまったりとした日曜日です。
朝は遅めに起き、11時にベトナミーズモールでブランチ。
今朝コンちゃんのお散歩のときに、昨日の宴会場をチェックしました(笑)
何事も無かったかのように、きれいになっていましたね。
その時と、過ごし方が大事であって、場所や環境はあまり関係ないのだなあ!

買い物をして帰ったら荷物がアパートのオフィスに届いていました。
引越し用にとネットで購入したSpace Bagとコンちゃんとケージを移動するための台車。
タイミングだねえ。
いよいよ移住モードだ。

ブランチの後はお昼寝になってしまい、読みかけの本もあまり進みませんでした。
晩酌用に茶碗蒸しを作ったり秋刀魚を焼いたりした後、出汁をとりました。
ちょっと順番が逆だけど(笑)
一番出汁のお吸い物はやっぱり美味しい。

修ちゃんと、お散歩を終えたコンちゃんは今、ぐっすり寝ています。
寝顔を見ながら、さっきから始めた不用品の整理とゴミ捨てを続けています。
米国滞在中は保管が必要なドキュメントなど、数年間保持していたものの邪魔だなぁと感じていたダンボール。
単純なメモや名刺類、ちょっと見つめてしまったら、これはひょっとして必要になるかも?なんて、いつもの引越しの風景です。
そして、ばっさり捨てますね。
ほとんど、いずれも埃をかぶっていました。
写真を見ながら昔を懐かしんだり、思い出の品を引きずり回して感傷に浸ったりってのが無いのにもかかわらず、それでもずいぶん捨ててもいいものなのに捨てられなかったものがあるもんだと。

今まで何度こうやって埃をはらったかな?

埃まみれになる前に、動き続けないと。
今は3人だから、いろいろ緩急つけてね。
[PR]

by tedtoyama | 2006-09-04 13:41 | 日記

いやぁー!飲んだ飲んだ。修ちゃん潰れた(笑)

早寝早起きが続いていたけれど、今朝は8時まで眠ってしまった。
コンちゃんも昨日の疲れからか、とってもテンション低い。
遅めの朝ごはんの後、お散歩中にいろいろと昨夜の記憶が蘇って来た。
そういえばコンちゃん脱走したな(笑)
リーシュ外して部屋まで一緒に戻ろうとしたら、エレベーター降りてから動かない。
私も酔っ払っていたので、2,3回呼んでも部屋に入ろうとしなかったから「じゃ、好きにすれば」
と一人で部屋に入った。
午後10時過ぎくらいだったか?
この日もまた昼過ぎからずっと飲み続けてしまいました(笑)
修ちゃんは数時間前からベッドで気絶していた。
遠くでコンちゃんらしき鳴き声が聞こえた。
ヤツめ!
部屋を出て中庭まで出ると、プールに出るゲートにへばりついていた。
こいつはまだ宴会したいのか!
ちょっと怒った声で「コンリー!」って呼んだら突っ走ってきた。
興奮冷めやらぬって感じだったけれど、何とか部屋に戻った。

昨日は、とりあえずのお別れ宴会「ベイエリアの皆さんお元気で」を催した。
アパートのプールサイド、BBQエリアの横でテーブル2つを囲み多くの人と楽しいひと時を過ごしました。
初めてお会いする方も何人か参加してくれたり、そのご家族も含めて話に花が咲きました。
気持ちのいい人たちばかりだった。
こんな素敵な人たちが、日本を離れて逞しく、気持ちよく生活されているのを見ていると気分がいい。
それぞれのご苦労も計り知れないものがあるのだろうけれど、常に前向きで、強さと優しさを兼ね備えながら人生を楽しんでいる。
力が湧いてくるなあ!

私の海外アメリカ編は、2年+11年間を経て、あと3週間ほどで終了します。
一旦母国に戻り、未だ見ぬ新しい土地での生活を試む予定です。
北海道、そしてもう一回くらいあってもいいかな?「海外編」

未だちょっと早いような気もしますが、
サンフランシスコ・ベイエリアの皆さん、短い期間だったけれどシアトル・ピュージェットサウンド地域の皆さん、ありがとう。
[PR]

by tedtoyama | 2006-09-04 02:35 | 日記