DNAのある所


北海道での独り言
by tedtoyama
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
自己紹介
男 
1996年から11年在住した米国シリコンバレーを後にして、2006年9月から北海道に移住。
パートナー2人と共に新しい生活を始める。
生まれて初めての北海道。
期待いっぱいで突進だ。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
定山渓温泉の歴史
from 温泉:定山渓温泉の旅館を紹介..
石狩市浜益のミズダコ
from なまら旨い!北海道。
サンノゼ警察、参上!?(笑)
from 新・恋の話でもしたいところだが。
とにかくやるよ!
from 恋の話でもしたいところだが。
スルッと入国!
from 恋の話でもしたいところだが。
メニューでございます。
from 恋の話でもしたいところだが。
海外で日本のテレビを見よ..
from シンガポール奮闘記
ロケフリってどうかな
from 僕の欲しい本 欲しいもの
まあさん家で楽しく遊んで..
from ◆クリスとピエールの米国滞在..
エンジニアが斬る!今流行..
from 無料メルマガ持ってけ♪情報館..
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:IT( 2 )


規格戦争再び!です

日本では今日、4月1日からいわゆる「ワンセグ」が始まったはずですね。
約2年前から始まった、地上デジタル放送の携帯版ですね。
地デジ用に確保してあった13の放送用電波帯域(セグメント)の一つを、携帯端末向けに使用してサービスを開始することから「ワンセグ」と呼ばれています。
今のところ受信可能な携帯端末は少なく、バッテリーも連続視聴が3~4時間と短いようですが
今後が楽しみですね。
韓国などではすでにサービスが開始されていて、なかなかの人気だそうです。

さて話は変わりますがDVDです。
同じく日本で昨日、東芝が次世代DVDプレーヤー「HD DVD」を世界に先駆けて発表、発売を開始しました。
オープン価格だそうですが11万円くらいだとか。
再生専用機種です。
従来のDVDは片面2層でも容量が7-8Gバイトくらいでした。
映画を中心にした高品位番組(ハイデフィニション・テレビ=HDTV)だと2時間で15Gバイトくらい必要になっちゃうので足りませんね。
そこで登場するのが次世代DVDです。
ただ問題なのはその規格です。
日本企業が中心になって提唱しているのですが、東芝陣営の「HD DVD」規格とソニー陣営の「Blu-Ray」規格の二つに世界中が分かれてしまいました。
昔のビデオ規格戦争VHS vs ベータ の時と同じです。
ユーザーがまた迷惑しますね。
容量的には若干「Blu-Ray」が勝っていますが、従来の生産施設を最大限利用でき、旧DVDとも互換性がある点では「HD DVD」かな?
応援団も世界で真っ二つに分かれちゃいました。
マイクロソフトやインテルはHD DVD支援、昨日まで参加していたカンファレンスのスポンサーであるハリウッドはかなり「Blu-Ray」寄り。
シリコンバレーでの感想は、6-4または7-3で「Blu-Ray」のようですが、こればかりは分かりません。
コンテンツが両フォーマットで今後続々発売されていくでしょう。
製品も今年の夏から年末商戦に向けて多くのメーカーから出てきます。
来年の終わり頃には勝敗が見えてくるでしょうが、消費者にとっては「やれやれ」な現実ですね。

パソコンならマック使おうがウィンドウズだろうがリナックスだろうが、データのやり取りはできるしメールやその他のWEBコンテンツも共有できるけれど、DVDはフォーマットが異なっちゃうと
他のプレーヤーでは見られません。
面倒ですね。
別にDVDじゃなくてもいいんじゃないかと。
フラッシュメモリでもハードディスクでもね。
容量は十分だし価格も手ごろだし。
でもってコンテンツはネット配信でと。
当然DRM(デジタル・ライト・マネージメント)つまり著作権保護されながらですけど。

さあ、どーなる!
[PR]

by tedtoyama | 2006-04-01 08:16 | IT

さよならフィオリーナ

ひそかにファンでした。
2002年のコンパック買収発表の時初めてお目にかかりました。クパティノのフリント
ホールでしたか。
すらりとした容姿にすっきりとした着こなし。
きれいな発音の言葉で分かりやすく無駄のない発表内容と、感心したのを思い出します。
その後CESなどのキーノーツで楽しませていただきました。
やっぱり専属のスタイリストがいたのかなあ?
思えば1999年7月にルーセントからHPにヘッドハントされて、当時ちょっと世間を驚か
せてから5年半経てしまったのですね。
2000年のプライスウォーターハウスの買収を失敗した後、翌2001年のコンパック買収提案2002年同社買収と、いわゆるHPWayに挑戦続けてきたのでしたね。
DellとIBMにもう少し挑戦してもらいたかったなあ!
HPもこれら2つの分野でしか利益を出していないのだから。

2004年度実績約800億ドルの売上に対し、利益の96%はプリンター事業とITサービス事業で計上していて約51億ドルである。
プリンター事業だけに注目すると、売上224億ドル、利益38億ドル(17%)である。
ITサービス事業では売上138億ドル、利益13億ドル。
ちなみにPC事業は売上246億ドルと総売上の31%を占めているが、利益は2億ドル(3.8%)である。

フィオリーナ氏がHPに来た時に、計測部門はアジレントとして分離されているのに。
つまりHPの本流(主流)部門はすでに切り離されていたのですよ。
おしいねえ。
彼女の目標タームは着任から7-8年くらいにあったのかなあ?
だからシリコンバレーのあちこちから、フィオリーナは結局バレーの住民ではなかった
と言われちゃうんでしょうか?

残るはeBayのメグ氏だけになってしまった。
この人はシリコンバレーの住民として認められているのでしょうか?

旦那様が主夫をして、より仕事ができ稼ぎのいい奥様であるフィオリーナ氏を支えていた
のですが、個人的にはちょっと交代!と言って今度は旦那が脚光浴びると(もちろんカーリーは主婦またはフリーター)面白いと思います。

ソニーの出井さんと比較され同じような評価を得られたのではたまらんでしょうね!

シリコンバレーで世界的企業のCEOを勤めた彼女にお疲れ様と言いたいです。
多分寸の間のキャリア空白期間でしょうけど。
[PR]

by tedtoyama | 2005-02-11 15:05 | IT