DNAのある所


北海道での独り言
by tedtoyama
自己紹介
男 
1996年から11年在住した米国シリコンバレーを後にして、2006年9月から北海道に移住。
パートナー2人と共に新しい生活を始める。
生まれて初めての北海道。
期待いっぱいで突進だ。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
定山渓温泉の歴史
from 温泉:定山渓温泉の旅館を紹介..
石狩市浜益のミズダコ
from なまら旨い!北海道。
サンノゼ警察、参上!?(笑)
from 新・恋の話でもしたいところだが。
とにかくやるよ!
from 恋の話でもしたいところだが。
スルッと入国!
from 恋の話でもしたいところだが。
メニューでございます。
from 恋の話でもしたいところだが。
海外で日本のテレビを見よ..
from シンガポール奮闘記
ロケフリってどうかな
from 僕の欲しい本 欲しいもの
まあさん家で楽しく遊んで..
from ◆クリスとピエールの米国滞在..
エンジニアが斬る!今流行..
from 無料メルマガ持ってけ♪情報館..
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2005年 04月 ( 24 )   > この月の画像一覧


シアトル便り 1

昨日午後1時半まで仕事をして、バタバタと午後3時19分SJC発のアラスカ・エアーでシアトルに向かった。昨日からマッチやライターなどの機内持ち込みが禁止になったらしいとの噂を聞いていたので、どうなるべぇー?と思いながら紙マッチをポッケに忍ばせてチェックインしてみたがスルーだった。
午後5時、予定より20分も早く到着したシータック・エアポートは2年ぶりになる。気温48°F、うす曇の空であった。
ポロシャツ一枚だったのでジャケットを取り出し、涼しいけどいい空気だのぉーと、早速おいしい空気の中で一服した。
しばらくすると、今年からUWに進学した友人夫婦の一人娘が迎えに来た。
空港からI-5を20分ほど北上し、ユニバーシティー・ディストリクト(通称U-ディストリクト)と呼ばれる学生街で軽い食事を済ませた。7時から授業がある彼女を校内まで送りダウンタウンに向かった。
アンダーグラウンド・ツアー(注1)がある、シアトル発祥の地パイオニアスクェアから東に数ブロック行くとインターナショナル・ディストリクトがある。
最近はチャイナタウンと呼ばれるほど中国色が強くなって来ているが、日本食レストランも健闘している。
特に紀伊国屋書店がある北西部最大の日本食料品店「宇和島屋」(注2)のビルが目立つ。
友人夫婦が帰ってくるまで、日本食が大好きな娘になにか手料理でも食べさせてあげようと買出しに行った。
おでん、焼き鳥、刺身を少しとメニューを決めて食材を探した。相変わらず酒のつまみだなあと思いつつも、どしどしカートを埋めていく。場所柄かサーモンと蟹がやたら安い。ビールとワインもついでに買った(注3)。
紀伊国屋で3冊、サンノゼ店にはなかった本も購入した。
ちなみに宇和島屋からセーフコフィールド(注4)までは目と鼻の先だ。徒歩でも15分はかからない。ただし夜間のインターナショナル・ディストリクトとその周辺は治安がよくないので、ナイトゲーム後の散歩はお勧めできない。
さて、買い物も済んだしと、午後8時50分に授業を終えるお嬢様をピックアップしにUWへ向かった。

注1 1st Ave.& James St/Cherry St 10am-6pm(Sat. Sun 11am-) $10 90min
注2 駐車料金 1時間$5、2時間$10 ただし$5以上お買い上げで1時間無料、$10以上で2時間無料(何か買えばただということですね)
注3 ワシントン州やオレゴン州などでは、ハードリカーは日曜休みで午後8時閉店のリカーショップで購入する。普通のお店にはビールと日本酒とワインしか置いていない。また、午前2時以降午前6時まではそれも購入不可である。
注4 駐車料金 試合のある日 $15(一律) 無い日 $5
ちなみに路上駐車のパーキングメーターは25セントで10分である。
[PR]

by tedtoyama | 2005-04-16 09:14 | 日記

シアトル

明日から来週の火曜日までシアトルに滞在する。
正確には友人宅のあるエドモンズという、シアトル・ダウンタウンから北へ15分ほどの小さな海に面した町だ。
目的は大きく4つ。 ①朋友のスペック君に会うこと ②友人の新居をチェックすること ③ちょっとだけ仕事 ④スタバ1号店での買い物 である。
上記理由の内、①がほとんどを占めるのではあるが、そのスペック君を紹介しておきましょう。
b0049291_13202432.jpg

飼い主の友人夫婦が、先月1週間の休暇でサンノゼに来たにもかかわらず、再び休暇を取り
カリブ海クルージングの旅に出かけてしまったので、代わりの世話役で出向きます。
まあ世話役とは言っても非常に密度の濃いお友達なので寝食を共にするわけです。寝床も一緒ですね。寒いときはお布団に入ってくるし暑くなると足元で丸まってます。
早朝暴睡してると足でお布団をズリズリ引っかきますね。「おぉー!すまんすまん」と飛び起きて朝のNo1,No2タイムになるわけです。年に一度、約一週間のこんな共同生活をし始めて6年になるです。
地元でファイア・ファイターをしている友人が2件目の家を購入し引っ越したのでそのチェックも兼ねてます。今まで住んでた家は3人の学生にレントしているそうです。テニスコート1面分のバックヤードがお気に入りの家でした。新居はどうだろうかと。
仕事は、ポールアレンのベンチャー企業を1社取材して、後はシアトルの経済の様子を探るくらいかなあ。
本社が州外に移転した後のボーイングの工場とか、シアトル(ピュージェット・サウンド)地域に本社を持つアマゾン、コスコ、ノードストロム、マイクロソフト、スターバックス、
などなど。
約1年ぶりなので、知人の大野さんが代表を務める地元コミュニティーサイト「ジャングル・シティー」をチェックしてます。
数年前に購入したコーヒーカップが崩壊したので、再度スタバの1号店に行って入手して来ます。観光客で賑わうパイク・プレース・マーケットにお店はあります。
明日以降はシアトルからの発信です。
スタバに限らずセーフコ・フィールドの売店とか、その他何かご要望がありましたらお申し付けください。お使いしますよぉー!先着3名様までです。(笑)
b0049291_13221381.jpg

[PR]

by tedtoyama | 2005-04-14 13:21 | 日記

金太郎読んだ

先週たまたま楽天で「サラリーマン金太郎」の予告を見つけた。
本宮ひろし氏の「サラリーマン金太郎」続編の新連載が始まり、楽天から無料(初めの数話らしいが)でダウンロードできる。それが今日12日(日本13日)からだった。
すっかり忘れていたが、午後8時前に仕事の手を休めて目の前のカレンダー見つめ、ぼーっとしてたら、12日の所に「金」って書いてある。
火曜日に「金」?ふーむ、と鹿の金〇酒かなあ、何だったっけ?
おおー、そういや金太郎連載開始だぁ!と思い出し即ダウンロードした。
26.5Mバイトで1話。一こま一ページで152ページあった。最初に楽天のアドが2本あってからスタートした。自動ページめくりで約15分の金ちゃんだった。
よかった、よかった。いい時代になったなあ。漫画大好きです。
コミックでもカートゥーンでもなく、マ・ン・ガ。
米国に居を移してからは日本にいたときみたいにマンガ見る機会が極端に少なくなっています。数売ってないし高いし遅いし。
こっちに来たばかりの頃は、日本にいるドレイ使って毎週見たいシリーズをコピーさせPDFでメールしてもらったこともありました。バカですね。
TV番組と同じでシリーズ物は見始めると止まらない。
近年のTVシリーズは、韓国、台湾が結構がんばっていて、なかなかやるなぁ!といったプログラムが目に付く。KTSFで先月末に放映終了した「大長今」などは毎日涙しながら見てたもんなぁ。韓国のお話でマンダリンの吹き替えだった、実話の時代物。
2年半ほど前は台湾のTV番組「流星花園」なんかもあったし。そのときは全然知らなかったけど日本の留学生が、「あっ、花より男子だ」と言って教えてくれた。原作は日本のマンガだったんですね。主人公の苗字は「導明寺」と言いますが、劇中(タァオ・ミン・スー)って呼ばれてました。F4が主人公でしたね。
その前には、日本でブームになる前の「冬ソナ」やってたし。イ・何とかさんの「オール・イン」もよかったなあ。
あれ?何の話だっけ?
そうそう、金太郎だった。まだ飲んでないんですけど。早く飲まなきゃ!(笑)
そのうち大好きなマンガの思い出と想いを綴りましょう。
[PR]

by tedtoyama | 2005-04-13 13:28 | 日記

付きまとうバーバラ

昔からストライクゾーンは広かった。
幼稚園児から70過ぎのばぁさんまで結構すぐお友達になれる。付け加えると犬もそうだ。大体5秒くらいで仲良しになる。
お年頃の中間層はもうちょっと時間がかかりますね。3分から1年(笑);
仲良しになるのはいいんだけど今日はちょっと怖かった。
まずは、出だしでつまづきました。
朝早く近所のセーフウェイに買い物に行った時のことです。車を駐車して店内に入ろうとしたら、両手に大きな買い物袋をさげた一人のおばぁさんが出てきました。カート使えばいいのにと思い心配しながら見ていたら、セーフウェイの駐車場から離れていこうとするではないですか。こりゃちょっと大変だなと、おばぁさんの後を追っかけて「車までお持ちしましょうか?車はどちらですか?」と申し上げた。
おばぁさんは立ち止まり、怪訝そうに私を見つめて言った。「車で来ていない。あの道を挟んだ向こう側のアパートまで行く」
「そーですか、大変ですね。お持ちしましょうか?」と再度申し上げた。
「あなたが持ちたいのなら、持ってもよろしい」とおばぁさんは言いました。
何だぁ?と思いましたね。
どーしても持ちたいので持たせてくだせぇ!と言うのも何か変だしバカらしくなって「お気をつけて」といってお別れした。
まあ確かに余計なお世話だと思われるかも知らんが、あの言い方はないだろう、と朝っぱらからぷりぷりして始まった今日の午後、知人のお使いでマウンテンビューの仏教会に行った。
私自身は仏教会と何の関係も無く、お使いで何度か訪れたことはあるが内部に知人も友人もいない。過去事務局の人や、たまたま出くわしたおじいさん、おばぁさんにお願いしてお使いを済ませる程度だった。
今回も、こんにちはー、と入って行くとおばぁさんが2人いた。一人が手をふって言った。
「あっ、toyamaさーん、こっち、こっち」
???(知らんぞ!俺はあんたなんか知らんぞ!)と思いつつ「ん?はぁーい」と中に入った。
「toyamaさん、ご苦労様。アダチさんから聞いていたんだけど、ありがとうね。ねぇヌマタさん」と隣のおばぁさんを見ながら微笑んだ。「ナカムラですよぉー!私」
(ほんとに知らんぞ!あんたもアダチさんもヌマタさんも知らんぞ!)
ともかく、それじゃこれ、Iさんからの預かりものです、失礼します、と答えた去り際、
「ほんとにIさんも忙しいわね。ありがとね、またいらっしゃいね、toyamaさん」と言われた。
何で名前知ってるですか?私の。と思いながら「はぁーい!」と答えて逃げ帰った。
帰る途中、同じくマウンテンビューのニジヤに寄った。掲示板をチェックし店内を回った。ラーメンエリアをチェックして、おっ「行列のできるラーメン」シリーズの和歌山編があるな、ミツワには今無かったな、買って行くか、と考えていたらヒトの視線に気が付いた。
ふと顔を上げると見知らぬばぁさんが見つめている。作り笑いのような中途半端な顔で軽く会釈して通り過ぎようとした際に声をかけられた。
「toyamaさん、こんにちは。お買い物ですか?」
???(勘弁して下さい。ほんとに知らんのです。あんた誰?)
「はぁ?たまにはニジヤでと思いまして」と何だか自分もわけが分からなくなっている。
ラーメンとポッキー買って逃げ帰った。
そのまま帰宅すればよかったのだが、いつもの習性で紀伊国屋に立ち寄った。なにげに店内一周してドアを出ようとしたら、また見知らぬばぁさんに会釈された。会話は無かったけど本当にドキドキしてきた(笑)
怖い!アメリカのばぁさん達、バーバラが攻めてくる。
またしても逃げ帰って、今は自宅でじっとしている。
[PR]

by tedtoyama | 2005-04-12 13:26 | 日記

宴会終わりました

私が酒席に戻ると、SさんとHさんがなにやらグーグルの話題で盛り上がっていた。
この2人だと英語にならざるを得ない。ベトナムのSさんはベトナム語、英語、広東語を話す。台湾のHさんは台湾(福建)語、北京語、英語を話す。問題は香港の「おしん」Cさんだ。彼女は広東語、福建語、北京語、上海語、英語、日本語を話すので秘密の話ができないし、Sさんと広東語、Hさんと福建語、私と日本語で話したりするので、それぞれ残された2人に欲求不満が溜まる。
私が、それにしてもCさんはシャワーが好きだねえとS、Hの話題に水をさすとSさんが、シャワーもだけどお酒も好きよねぇ、強いし、と乗って来た。確かに酒好きのこの4人の中でも群を抜いて強い。香港時代に「飲み屋」をやっていただけのことはある。(飲食店経営ではないですよ。企業に雇われて接待相手との酒席に参加し、酒バトル接待を専門とする人です)
Cさんは幼少の頃から続いていて、今でも見る同じ夢があるらしい。日本の田舎で貧困家庭に育ち、親兄弟の面倒を見ながら生活に追われている、という夢だ。時代は昭和初期以前っぽい。この話が出てから彼女は「おしん」と呼ばれている。湯上りのCさんが戻って来てSさんの焼酎グラスを奪い一気に飲み干した。
Sさんはお代わりを作りながら、日本の焼酎もいいけどベトナムのお酒が懐かしいわね、と独り言をいった。彼女はベトナム時代、ビールをチェイサー替りに鹿のキ〇玉酒をよく飲んでいたらしい。紹興酒に鹿のキ〇玉、高麗人参、薬草などが漬け込んである強い酒だそうだ。滋養強壮、精力絶倫、お肌つるつる、であるらしい。この話題の後、彼女はストロングSと呼ばれるようになった。
それじゃ次回は鹿のキ〇玉酒を用意しましょうね、でもって今日はこんなのもあるんですぅー、とHさんがいつの間にか冷蔵庫からキンキンに冷えたテキーラを取り出してきた。
(こいつら本当にバカじゃねぇーの?と思いつつ目元が緩んできた自分が恥ずかしい)
ローレックスの時計をきらきらさせながらテキーラを注いでいるHさんはお金持ちである。
日本のバブル期に、彼は奥さんと始めた対日貿易で一山当て、約3億円儲けた。うれしくって舞い上がったHさん夫婦はラスベガスへ直行。一週間で1億円すった。以来彼はベガスHと呼ばれている。
だが、さすが台湾商人、残りを不動産とIT会社に投資して蓄財に成功、40代後半の今セミリタイヤ生活をエンジョイしている。ラスベガスのホテルからは今でも航空券送付を受け、リムジン送迎、宿泊、飲食無料のVIP待遇だという。(1億だもんなぁー)
午前1時過ぎにHさんが気絶、その10分後Sさんが頓死、Cさんはにこにこしながらテキーラ飲みつつ食器を洗っている。その姿を見つめていた私もテキーラの前で気を失った。
翌日曜日の午前8時に喉の渇きで目が覚めると、HさんSさんがコーヒー飲んでお話していた。良い香りだ。2人とも昨夜の痛飲など無かったかのように爽やかな笑顔だった。
コーヒーを飲みながらふと、さすがのCさんも今朝は、と思ったらすでにシャワーを浴びていた。
このヒト達は長生きしないんじゃないの?と思った。(多分、確実に私も)
コーヒーの後は散歩するという。その後は飲茶だぁー!とみんな元気だった。
サンデー・ブランチの飲茶を堪能してさよならした。
相変わらずタフな人たちだと思いながらも、またいっぱい元気を貰ったなあと清清しい気分で深呼吸した。
吐く息がテキーラ臭かった。
[PR]

by tedtoyama | 2005-04-11 11:51 | 日記

また、宴会が始まった

昼前から晴れ間が広がり良い感じになってきた。ここ2週間ほど週末も忙しかったので今日明日は絶対のんびりと過ごしてやる、と固く決意して迎えた土曜日だ。そのためにお洗濯も昨夜済ませておいた。
午前中にキング図書館と紀伊国屋に行き週末用の本を確保、軽い食事を済ませて昼過ぎに帰宅した。早速本とノートPC片手にプールサイドに出かけると、来週日本に帰任する知人が泳いでいた。
MLBの様子とメールチェック用にノートを開き、プールサイドに寝そべっての読書体制に入った。いやぁー満足、満足、気分がいい。
一時間ほど本を開いた後うとうとしていたら携帯が鳴った。
「今日宴会しませんか?いつものメンバーで。都合悪いですか?忙しいですか?」
宴会仲間の一人、ベトナムのストロングSさんからだった。一瞬言葉に詰まり心の天秤が振れ始めた。(右:せっかく手に入れた静かな極楽環境、一人で緩やかに過ごすシアワセと読書
左:美味しいお酒だろうな!アノ人達と飲むのは。お酒がToyamaさーん please drink meって呼んでる、しかもコーラスでハモって)コンマ5秒で左が勝った。
「宴会しましょうね!たくさんたくさん飲みましょうね!」固い決意は崩れ去り、穏やかな禅僧のような気分が一気に夏祭り実行委員長のそれに変わった。
スタートは午後5時くらいから。つまみのメニュー組み立てに入った。私の部屋での宴会の規則のひとつとして、つまみは私が用意すると決めている。文句は言わせないのだ。お酒だって、Sさんらいつもの宴会仲間3人が挑んで来てもウォッカ、焼酎、日本酒、ブランデー、バーボン、アイリッシュウィスキーは大体常備してあるので返り討ちにできるのだが、最初はビールやワインなので彼らがぶら下げてくる。ビール18本とワイン6本をいっつも。
4人で飲むのに、常にビール18本とワイン6本ですよ!バカですねみんな。
皆さんお刺身好きなので①刺盛、前回はスキヤキだったから②海鮮鍋はすぐ決めた。鍋の後に③雑炊かうどん、も問題ない。おしんこ付きで。昨日焼いた④伊達巻、と今朝買ったパンで⑤ガーリックトースト、⑥水菜ベーコンサラダと⑦ほうれん草とそばを海苔で巻いたサラダ、こんな感じでいいかな。
Sさんにキングクラブの足を買ってきてねとお願いしてあったので、買い出しは刺身と野菜だった。自宅で宴会する時の刺身は行きつけのお寿司屋さんで調達している。開店前に無理をお願いして無事入手。野菜はミツワで買って準備は終わった。
翌日の朝を除けば、企画立案、準備、実行と、どのフェーズも心躍る時間、その名も「宴会」
ちょっと手抜きっぽい献立のためか準備はすぐ終わった。でも刺身用の大根のツマはちゃんとかつら剥きからだし、鍋に入れる野菜の大根とニンジンはそれぞれ菊と桜に細工したし、そばサラダのつけだれは自家製っす。
5時前にみんなやって来た。Sさんをはじめ、台湾のベガスHさん、香港のおしんCさん3人はいつものビールとワインを抱えて満面の笑顔でコンニチハ!始まるねぇー。宴会が。
追)実況中継。5時から始まった宴は今たけなわ。現在午後10時前。準備を終えて宴会が始まるまでの15分間で状況記述しておいたのでちょっと付け足し。その後の詳細は明日生きてたらお届けします。すでに4人の公用語である英語が、ベトナム語が挟まったマンダリンになって来ている。ちなみに「宴会」は日本語で共通にさせた。後は「つまみ」と「酒」も日本語を強要(?)してある。
ビール16本とワイン5本は空っぽになりました。S焼酎、H日本酒、Cワイン、Tブログの現在である。あっ?Cはシャワーを浴び始めたようです。そろそろ宴会に戻ります。
[PR]

by tedtoyama | 2005-04-10 13:39 | 日記

フリーウェイの落し物

アメリカのフリーウェイにはいろいろな物がよく落ちている。
お国柄か、落し物のサイズもでかい。
昨年はエアーで2回、車で2回LAを往復した。ルートはいつも決まっている。
往路は、自宅を出て280南->17南->85南->101南と乗り継ぎ、ギルロイで152を東へ向かいI―5南に合流、後はLAまでひたすら南下する。LAといってもトーランス滞在なのでLAダウンタウン手前で110南にノロノロ乗り換え到着。
復路は、トーランスの宿を出てウエスタンを北上、レドンドビーチを左折して「新撰組」でラーメンを食した後、再びレドンドビーチで西に向かい405北にのる。ビバリーヒルズを右手に見て5分ほどすると、ベンチュラ・ハイウェイ(101)に合流する。後はひたすら北上あるのみ。ちなみにサンタバーバラのちょっと手前にサンタクロースという小さな町がある。昨年12月25日の朝この町のスタンドでロト買ったけどスカだった。
さて、このI-5や101で落し物をよく見かける。昨年だけでも、2人掛けソファー、道路工事現場などでよく使う立ち入り禁止用の山高帽のようなやつ5段重ね2山、中古の自転車6台、極めつけは冷蔵庫であった。それらは車線中央に堂々としていた。
引越しの最中、工事関係者などが落としていくのだろうけど気が付かんかなあ?
自転車っていうのも考えさせられますね。昔ワシントン州の自転車窃盗団がUW構内の駐輪場から自転車ごっそり盗んでカリフォルニア州で売りさばき、帰りにはカリフォルニア州産の中古自転車てんこ盛りで来た所を逮捕、という事件がありましたがその筋でしょうかね?
昨年は地元サンノゼでも大物を発見しました。
880北でモンタギュー近辺に何と、工事現場などで見かける簡易仮設トイレが立っていた。
寝てなかったんですよ!立ってたんです。驚きましたね。
危ない落し物に出会ったこともあります。5年前ワシントン州シアトルでI-5を北上中、UW手前のレイク・ワシントン上で対向車線を走るトラックから畳一畳分くらいのベニア合板が一枚舞い上がった。それが反対側の私の車の目の前に降って来たわけです。ものすごくあせりました。「うっひゃぁー!」と体縮めて一瞬顔そむけました。
風圧の関係からか正面衝突はかろうじて免れたが、運転席側のサイドミラーを捥ぎ取って行った。オーメン一歩手前だったような気がする。
その後の警察の対応が見事だったことも追記しておきましょう。
即座に路肩へ緊急停止しハイウェイパトロールを呼んだ。10分も経たない内に彼らは到着した。事情を説明し、捥ぎ取られたサイドミラー後を見せ、フリーウェイ上に着地した合板と無残なサイドミラーを指差した。サイドミラーは後続車に踏まれてひしゃげていた。
「ほー!大変な目にあいましたね。体に何か衝撃は受けましたか?そーですか何も無かったですか。よかった。よかった。サイドミラーにぶつかっただけとは奇跡的ですね。よかった。よかった。幸い後続車への二次災害もないし、いやー本当によかった。よかった。それじゃお気をつけて」・・・・・・・・???
皆さん落し物には注意しましょう。
[PR]

by tedtoyama | 2005-04-09 08:29 | 日記

夕食と鍵盤とイメージ

料理と言うか、何か作るのは好きですね。結局は「おつまみ」なんですけど。人と会う約束が無い時は自作自演の宴会状態です。毎晩。
洋物を学習した経験がないので(あまり好きではないし、つまみ向きが少ないようで)もっぱら和、中、韓を中心にベトナムやフィリピン、マレーシア、などのアジア系が主です。
学習した経験があるのは和食で、その他は友人からの直伝です。とはいっても我流にアレンジしてますが。
お酒に合うつまみが欲しい一心でいつも作っとります。「うんちく」は無しです。気張らず、自然に、欲するがままに、がテーマですね。シンプル、廉価というのも大事です。
今夜は、塩しゃけとホウレン草ゴマ和え、鳥団子と豚しゃぶサラダ、キュウリのぬかづけと決めた。決めたと言っても、鮭はランチマーケットで購入した皮付きを塩して寝かして自家製簡易塩鮭にして冷凍したものだし、ホウレン草は茹でるだけだし、鳥団子も仕込みして冷凍してあるものを戻して味付け煮するだけだし、ぬかづけはつけてあるキュウリを切るだけなので簡単で早い。豚しゃぶサラダは、豚こまが少し有っていたので水茹でして氷で冷やし、大根おろしと薬味&ポン酢かけただけですな。
先週末に塩鮭とワンタンと鳥団子とモツ煮仕込んどいてよかった。
何か作るときは仕事場のディスクトップを離れ、キッチンのノートPCに移動します。厨房とノートを行き来しながら目の前のキーボードをふと眺めてしまいます。
音が出るキーボードの方ですね。弾けないのにあるわけです。でも弾きたいんです。大学時代から弾きたいなあと。
ギターだったらエンタメできても鍵盤はいつまでも弾けなくて悲しいです。才能無いんでしょうね。
料理はイメージじゃぁー!といって、将来のお嫁さん候補(誰かの)の留学生達を対象に料理教室開催してるときなんかも、突然彼女達の一人が鍵盤見つけて弾き始めるともううっとり。いーなぁ、弾けるようになりたいなあ、となってしまいます。みんな幼少の頃からピアノやってたって言うし。
今夜も塩鮭つまみながらグラス片手に鍵盤見つめて、ふじこヘミングをイメージしてます。
[PR]

by tedtoyama | 2005-04-07 14:22 | 日記

大好きなお酒のお話(100回くらい続きそう?)

お酒、ほんとに好きです。大好きです。趣味は?と聞かれ「飲酒と料理」と答え、好きなタイプは?で「お酒が好きな人」と答えて20年近くなるでしょうか。昔日本で、歌って踊れる板前エンジニアで売り出していた頃を懐かしく思います。今は踊りが削除されエンジニアに旧が付きまして、「歌う料理人!旧エンジニアのted toyama」と何やら青コーナーから登場してきそうな感じになっちまってますね。別にレストランのスタッフでもないのですが、料理が好きなのでこんなです。
お酒の酒類?でストライクゾーンは広いです。ちょい苦手はシャンパーニュ・ワインくらいで、それも美味しく頂きますが他酒との交流試合になると短命なので危険かなぁと。
透明、琥珀色、すっぽんの血の色、水混ぜると濁るやつ、虫が入っているやつ(蛇が苦手なのでビーヘー入りのお酒だけは勘弁してください)、混ぜ酒(カクテルとも言う)、ミルキーな酒などなど、いろいろありますね。度数も含めて。透明シンプル系を好みますが基本はみんな友達!です。
最近は焼酎や吟醸酒を中心にワイン、ビールをとりあえず状態で嗜んでます。寝る前にアイリッシュをちょこっと、と言うのも捨てがたいですな。つまみのチョコ無い時なんか。
気心知れた米国人との集いでは結構理解されて来ましたが、満足し、幸せな気分になった昼食や夕食の総括に、フードとドリンク(アルコール)はどうだった?って言われてしまうとちと寂しい。
フードじゃなくてツマミなんです。お酒を引き立てる(ツマミを引き立てるサイドドリンクでは無いんです)ためのささやかな心づくしなんです。ちょっとあればいいんです。食って飲んで満足して寝る、じゃないんです。ドリンクじゃないんです。ごっくんごっくん飲み干す、では無いんです。
ちびちびとおつまみ今宵の静けさと。なんです。がつがつとバーガー・コークでまた明日、では無いんです。
様々な種類があるお酒を一様にアルコールって言われるとほんとに辛いです。いやですね。

ちょっと酔ったので暴睡しますね。
[PR]

by tedtoyama | 2005-04-06 14:50 | 日記

この道は私のもの

DUIだのリングコッドだのずいぶんと罰金を払ってきたものです。LAで駐車違反もやったしワシントン州でスピード違反もあった。そして先月久方ぶりにスピード違反のチケットを頂いた。ちょっと前にも書いたけどまたグチリます。
サニーベールのフェアオークスでですよ!午前10時頃サラトガ・サニーベール沿いでガソリン入れてレミントンを北上、エルカミ過ぎたら目の前に東洋系のオバハンが。ほとんど前傾姿勢で目を凝らしながら(多分)30マイル制限を25マイル以下で中央よりを運転していた。隣の車線ではみんな40マイル前後で、すーいすいオバハンを抜いていく。最初の信号近くで20マイルくらいに減速してきた。左折かぁ?いやいや、単なるフェイントです、と何事もなく信号を通過した。いくらなんでもスクールゾーンより遅いじゃん、と車線変更しオバハンを追い越しにかかった。するとどうでしょうかね!オバハンは並走した私を横目に(ほんとに見られた、ハンドルからちょっと上に出た顔で。メガネをかけた東洋系で根性悪そうな目つきをしていた)スピードを上げ始めた。???
なんだぁ、と思いましたね。35マイルを越えている。最初からそうやって走れよぉー、と思いながらも、天気はいいし別に急いでないしオバハンどーぞどーぞと減速した。
あれぇー?オバハンも減速してきた。
(この道は私のもの。私が運転してる時は私のもの。誰であろうと私の走りに意見する様な態度を取るなんて絶対に許さない。この道は私のもの)とオバハンは主張していた。
悪魔の振り子がピッキーンと振れた。
急加速してオバハンを抜き去りモードアベニューを左折した瞬間、後ろにポリスのバイクがくっ付いていた。
18マイルオーバー、危険ですね、住宅地ですからね、30マイル制限ですよ、と言ってチケットを切っていた。あんたオバハンとグルかぁー!と思いましたね。
オバハンは、おーほっほっほっ!と笑い「我愉快爽快、之我的道不好我的邪魔、好了!好了!」
と過ぎ去っていった(多分)。
DUIのポイントが残っているせいか、$192.50の罰金とトラフィック・スクール入学代(また入学!)206.50の請求書が届いた。高い!
DUIが2点でしょ、それも7年(今は10年みたいですけど、どうなるんですかね?)残るし。スピード違反で1点か。一年以内にあと1点何かやったらまたオオゴトじゃんか!
罰金積み立てでもはじめようかなあ。お金ないけど。
[PR]

by tedtoyama | 2005-04-05 14:56 | 日記