DNAのある所


北海道での独り言
by tedtoyama
自己紹介
男 
1996年から11年在住した米国シリコンバレーを後にして、2006年9月から北海道に移住。
パートナー2人と共に新しい生活を始める。
生まれて初めての北海道。
期待いっぱいで突進だ。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
定山渓温泉の歴史
from 温泉:定山渓温泉の旅館を紹介..
石狩市浜益のミズダコ
from なまら旨い!北海道。
サンノゼ警察、参上!?(笑)
from 新・恋の話でもしたいところだが。
とにかくやるよ!
from 恋の話でもしたいところだが。
スルッと入国!
from 恋の話でもしたいところだが。
メニューでございます。
from 恋の話でもしたいところだが。
海外で日本のテレビを見よ..
from シンガポール奮闘記
ロケフリってどうかな
from 僕の欲しい本 欲しいもの
まあさん家で楽しく遊んで..
from ◆クリスとピエールの米国滞在..
エンジニアが斬る!今流行..
from 無料メルマガ持ってけ♪情報館..
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2005年 08月 ( 18 )   > この月の画像一覧


面白いぞ!これは。

昨夜は久しぶりの友人達と軽く一杯やった後で、二人で食事に出かけた。
私は海でボトム・フィッシングを楽しんでいますが、昨夜の友人達は主に川でのフライ・フィッシングをやっている。
なかなかスケジュールが合わないので参加にまでいたっていないが、早く体験したいものだ。
釣りも良いけどキャンプや野営・アウトドア・車座。。。での飲酒ですね。いいのは。

みんな酒好きだし、ストレートでフレンドリーだ。

私もアノ人も、飲むときは飲むっすよ!

早々に失礼してしまったが、それからマサさんの寿司を食べに行った。
シャンパンで乾杯しようとしたらお店の人が何かお祝い事でもあったのですか?と聴いてきた。
ハイ、いつもめでたいです、とは言わなかったが、おめでとうでの気分ですと言って乾杯した。
サンディエゴ産のうにをつまみ、えんがわと赤みの漬けすしを食べた。キス天もね。

今朝は二人ともちょっとスローだったけれど、おかゆと残り物のあさり・きのこうどんを食べて元気になった。
私は食後寝てしまったが、修子はなにやら、わしわしやっていたらしい。
お昼頃ぷらぷらミツワに買い物に行きプールに出かけた。

途中の本を読みながら泳ぎジャグジーに入った。

やっぱりいい週末だよ。ありがとう。

今までとあまり変わらない生活みたいかなあと思っていたけど、どうやら違いに気が付いた。
ありがとうって言わなかったもんなぁ。

今は言える人が居るのだね!
[PR]

by tedtoyama | 2005-08-15 12:31 | 日記

半島を出よ、を読み始める

昨日から長編小説を少しずつ読み始めた。
日本から送ってくれた村上龍の本、「半島を出よ」である。
登場人物が、それが長編小説ということもあってやたらに多い。
ちょっと苦手系の読み物ではありそうだったが、数ページをめくったらのめり込んでいた。
久々に、ぐぐっと楽しめそうだ。

今夜は食事の後に続きを楽しもうと考えていた。
外食の後は家で余韻に浸りながらのんびりしたい。

そして、まさに今がその時なのですけれど。
もう少し後からになりそうだ。
だから、ブログに気持ちを映します。

パートナーはすでにぐっすり寝入っています。
私は平常心を保つのに少し力が入っているようです。
もうほとんど大丈夫のようですが。

ちょっとだけでしたが、気持ちと体のバランスを崩しかけました。
決して失うことの無いバランスなのですが、揺らぐこともある。

怖いなと思った。
切ないなとも感じた。
書きながら何ですが、やっぱりここには書けない事もあるんです。
そのことは明日話をしてみようと思います。

そうやってずっと一緒にいられたら、どんなに素敵なことだろうと思う。

大好きな人の、ぐっすり眠っている横顔を見ながら、一杯やってブログっています。

こんな週末も有りだろうよ。
[PR]

by tedtoyama | 2005-08-14 15:55 | 日記

ゆったりとした週末

穏やかな週末を過ごしている。
遅い朝、ゆっくりと起きてコーヒーを飲み、ランチは自宅で「アサリ・きのこうどん」を食べた。
ブログのコメントバックに奮闘している後姿を感じながら、すとん、と眠りに落ちてしまった。
わずかな時間だったけれど元気になって、二人でアニマルシェルターへ犬を見に行った。
かわいいワンちゃんがいました。
いい子がいたら飼おうねって言ってくれました。
本当に飼う事が出来たら、それは私にとって夢のようなことです。

サンノゼの日本人町に行ってみました。
小さな小さな街並みですが、1890年からの日本人入植者の歴史があります。
今度はサンノゼ豆腐に「おから」と「揚げ」と「豆腐」を買いに来よう。

今夜は久しぶりに外食をする予定です。
マサさんのいる「四季寿司」で。
美味しい「うに」があるといいね。
メキシコ湾からサンディエゴ沖で獲れる「うに」は絶品なので間違いは無いと思うが。

帰ったら本でも読んでまたのんびりしよう。

いい週末だ。
[PR]

by tedtoyama | 2005-08-14 08:57 | 日記

イギリスやらアメリカやら

ロンドンでテロがあったとき、サンタクルーズで飲んだくれていたのは確かです。
同じ場所で、その後再び惨事があった。
わかっていたとは言っても、出張でその場所を訪れた方が居るわけです。
先日打ち合わせをした日系某社駐在員の話を聴くことが出来ました。

ホテル代が高い!食事代が高い!ネットワークのインフラが非常に貧弱である。
でも今回移動に利用した列車については少し満足している。
とのことであった。
普通のビジネスホテルのような場所で、日本円にして2万円以上、朝飯は$20くらい、昼食は$35くらい、夕食は$50前後。スコッチは美味しく感じた。。。
鯖の燻製が沢山あった。
イギリスは農業を含めた一次産業でもっているのでは。。。
パンが安い。アメリカの半分以下の価格で購入できる。
列車に乗ってみた。
一等車は貴族のサロンのようだった。
値段は1.5から2倍程度の違いであるが、飲食を含めたサービスに雲泥の差があったらしい。
貴族はお金払わないのですね。そういった習慣も無いらしい???
何でもフリーで好き勝手していたそうです。
貴族は。。。何処まで行っても貴族な訳らしいです。
分かるような、そうでないような。

不思議な体験だったようです。

米国に戻った彼は、まったく正反対の世界に再び触れるわけです。

この2国がちょっとした主導権とご意見番を買って出ている今、いろいろ考えたそうです。

結構訳が分からなくなったとも言っていました。

今日から休暇の彼は、家族で米国内のカリフォルニア州以外で過ごし始めていると思います。

コロラド州で、家族との休暇。。。楽しんでください。

さあ!明日の午後から週末だ。
一緒に、何処へ行こうかなあ?
やっぱり海がいいと思うのだが。
[PR]

by tedtoyama | 2005-08-12 17:45 | 景気

海坊主な夜

久しぶりに水に浸かって気分がいい。
普段は月末に集中する仕事のプレッシャーが、今月は月初に集中した。
プライベートも含めて最適なスケジュールではあったが、やはり週末を挟んでの重要なミーティング二つには気合が入る。
それらが終わった。

全身を弛緩させて飲む酒と心地よさ。

週末はやっぱり海に出かけて本を読もう。午前中に。ゆっくりと。

パートナーは今、寝ています。すやすやと。
昼間いっぱい泳いだようなので気持ちよくなっているのだろう。

いつもは私が寝ている間に彼女のブログが更新されているので、今日はちょっとお返しです。

やっぱりサッカー日本代表の夢を見ているのかなぁ?

うるめいわしを焼いて、大根おろしと刻みねぎ、あぶった揚げとしょうが醤油、もやしとにらのにんにく炒め、飲茶の残りのおかゆ、ってな感じでよかったのかな?

明日の朝は何を食べたい?

今すごく知りたいのだけれど、朝でも良いよ。

オヤスミ。
[PR]

by tedtoyama | 2005-08-10 15:44 | 日記

好きなものと想い入れ。。。サッカー大好きだよ!

アメリカに住んで、確かに日本にいたときのような生活パターンは変化した。
特に趣味や嗜好のレベルで、いつのまにかここに同化している様だ。
好きだった煙草のショートホープもマルボロになったし、毎週購読していたコミックも時間差があったり、入手に労力がいるので自然と読まなくなっていた。
オリンピックや各種世界選手権、ワールドカップなど、とても気になるイベント番組も、日本が中心じゃない番組編成からか熱が冷めてきていた。
録画や特番などの時間差有りで見ることもあったが、やはりリアルタイムが良いに決まっている。

日本人が活躍するメジャーリーグ・ベースボールもいいけれど、最も興奮するスポーツは水泳とサッカーであることには変わりは無い。
両方とも小さい頃から親しんできたし、それぞれが盛んな地元に育ったから。

好きなことに対する想い入れでは負けないよ。

それを思い出させてくれてありがとう。

衛星とケーブルとインターネットを組み合わせれば何でも可能だね。

これからは一緒に楽しめるといいなぁ!
[PR]

by tedtoyama | 2005-08-09 16:33 | インフラ

ジンギスカンな夜

初めて食べました。
ベルのたれで。
うまかった。ガッツ食いした。
飲みながらの食べ方としては強烈な部類に入る。
美味しかったし、止まらなかったよ。

一緒に食材を求めて準備した後は、全部その道のプロ任せだった。

ウ!めぇー。

たくさん食べて体重も元に戻りそうです。

いい週末だった。ってか、まだ明日もあるけど、意外と前半だけで充実しているので。

「羊」の肉の塊を2kgほど買ってしまったよ。
今日食べた以外に。

ジンギスカン・BBQ・パーティーは近いよ。
みんな!
[PR]

by tedtoyama | 2005-08-07 12:42 | 日記

やっと更新する気になった

まあ、そうは言った後でなんですが、なかなかな一週間だった。

パートナーが日本を発つ四日前に「クロネコ・ヤマトの宅急便」で送った荷物を一週間遅れで手にすることが出来ました。
いいですか。結構大事なことなんですが。
一週間遅れで配達された、一週間遅れで事なきを得た、ではないんですね。
体力、気力を使って、やっと手に入れた。。。訳です。変な話ですけれど。

外国ですね。

彼女が到着した7月28日に、荷物も届いていたわけです、本来なら。
米国側の取り扱い業者であるUPSが、同日午前9時59分に届けにきていたらしいです。
トラッキングレコードをチェックしてみると、荷物はアパートのオフィスに保管されているらしい。
でも。。。?
普通そうであったら部屋のドアに不在通知がありそうなものなのになあ。
そう思いつつ、パートナー到着の翌日にオフィスに行ってみたら、そのような荷物は無い、とのこと。
でも、オフィスの人間の受け取り確認サインがあると表記されていますね?

UPSに連絡した。
なかなか話は進まない。
はじめてアメリカに来たときの、最初の一ヶ月の記憶が蘇った。
またこれかい!

アパートのオフィスとUPSへの押し問答の日々が続いた。
あまり先延ばしできないとも思った。
それでも毎日UPSの配送車を見るたびに気持ちを新たにして、しつこく電話し、オフィスを訪ねた。

最初の日に配達した人は部屋を間違えてしまったらしい。
応答が無いのでそのまま持ち帰ってしまった。
普段ここで、不在でした通知を残すのだがそれもしなかった。
アパートのオフィスでサインを貰っているのでとりあえず業務的には遂行した形になっている、が、それがその後の一週間につながってしまった。
トラッキングレコードデータは完結してしまっているので、後は人的ミスに対する、人的復旧の可能性しかなかったのだろう。

そんなこんながあったけれど、アパートのオフィスに荷物は戻ってきてくれていた。
そして、その事実は、やはり当事者の自分が確認に行くまで誰も知ることは無い常態になっていた。

こんな経験を山のようにしてきたのだが。

でも、うれしかったし、なによりもパートナーの笑顔で飛んだな。

さて、週末はジンギスカンかね!
[PR]

by tedtoyama | 2005-08-06 09:51 | 日記