DNAのある所


北海道での独り言
by tedtoyama
自己紹介
男 
1996年から11年在住した米国シリコンバレーを後にして、2006年9月から北海道に移住。
パートナー2人と共に新しい生活を始める。
生まれて初めての北海道。
期待いっぱいで突進だ。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
定山渓温泉の歴史
from 温泉:定山渓温泉の旅館を紹介..
石狩市浜益のミズダコ
from なまら旨い!北海道。
サンノゼ警察、参上!?(笑)
from 新・恋の話でもしたいところだが。
とにかくやるよ!
from 恋の話でもしたいところだが。
スルッと入国!
from 恋の話でもしたいところだが。
メニューでございます。
from 恋の話でもしたいところだが。
海外で日本のテレビを見よ..
from シンガポール奮闘記
ロケフリってどうかな
from 僕の欲しい本 欲しいもの
まあさん家で楽しく遊んで..
from ◆クリスとピエールの米国滞在..
エンジニアが斬る!今流行..
from 無料メルマガ持ってけ♪情報館..
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2005年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧


飲んだ飲んだ!

b0049291_1251052.jpg激務の後は思いっきりリラックスしています。
土曜日の昨日は買い物の後、午後3時前から飲み始めました。
二人ともいい感じで酔って来たなあといったころ、パートナーへアリス博士から、これまた酔っ払いの電話がありました。
居酒屋TANTOのキッチンシェフだった「まさ」さんがオープンしたお店で飲みましょうよ!
その名は居酒屋「ごち」。

行きましょう、飲みましょう、ということで出かけました。

広々とした居酒屋的な空間に、なんとなくオサレな感じが漂ったいい店でした。
つまみはもちろん美味しく、週末の昨夜は予約が必須状態でしたね。
お店で一番高い「芋焼酎」4合瓶を2本飲み(博士とパートナーと私で)べろべろに酔ってから、隣のガンバ・カラオケで歌ってきました。
博士は焼酎の残ったボトルとグラスを一個、「ごち」から黙って長期的にレンタルしてきました。

いつものように記憶を失った私たちは、翌朝サンフランシスコでワンちゃんのトレーニングコースを受講するという予定に後押しされて眠たい頭をもたげました。
10時15分からの教室に間に合うように9時過ぎには出かけようとした瞬間に時計を見て唖然としました。
しまった!
今日から一時間得したんだった。(夏時間終わりでした)

何はともあれ無事プログラムの初日を終え、帰りにサンマテオの「ひまわり亭」でラーメンを食べてきました。
うまかった。
私はしょうゆラーメンと半ちゃんチャーハンとギョーザ。
修ちゃんは塩ラーメンでした。
コンリーはしばし車中でお留守番です。

そういえば昔日本にいたころ、散々飲んで午前2時か3時ころラーメン食べて帰ったっけ。
あれを続けていたら体壊してたよなあ!

今も似たようなものとはいえ、飲んだ翌日のお昼においしくいただけるのが自然で楽しいです。

パートナーとコンリーと一緒に。
[PR]

by tedtoyama | 2005-10-31 12:07 | 日記

ロックド・アウト

月末の厳しい期間を何とか終えた。
普段比較的と言うか、かなり緩やかな生活をしているので集中するときはかなり濃い目の時間を過ごす。
今月は出張が重なり疲れたことは事実だ。

生まれて始めての海外経験地だったシアトルへの出張は特別なものになった。
23年前を思い出してかなり苦しい気持ちに陥った。
当時私は怖いもの知らずの若者としてこの地を踏んだのにも関わらず、一丁前に「うつ」になったときがありました。
ホームシックと言うか、全体からの疎外感と言うか、目標を失っているだらしない中途半端者と言うか。。。

ともかく情けなく、怖かった。
自信も無く、モチベーションも無い毎日。
言葉も通じず、文化の違いなどと言うより些細な嗜好が違うことに怯えていたし引きこもってもいたことを思い出す。
一人で、何でもするし、どーなってもいいし、来るなら来いよって思っていた私でさえ当時そんな気持ちになっていた。

そして今この時期、ワンちゃんと共に一人留守番する修ちゃんの心細さ、不安を思ったら、どれほど辛くて嫌な時間だったかと、言葉にならなくなってしまった。
「ごめんなさい」
無理をさせてしまったね。
自分でいろいろ経験してきたから。でも、それなのに優しく出来なかったね。
経験を学習したのに。

今一度原点に戻って一緒に歩いていこうと思う。
いいことを増幅させて。

帰ってから、コンリーは下痢も少しずつ良くなっています。
今日は晩御飯の後、修ちゃんがソファーで休んだのを見届けてごみ捨てに出ました。
半ドアにしてごみを捨てに行ってから戻ると、ドアはしっかり閉まっていました。
コンリーが体当たりして閉まったのでしょう。

ロックド・アウトです。
しばらくドアの外で寝っころがっていました。
「修ちゃん!修ちゃん!」って
定期的に呼んでいたら気が付いてくれて部屋に入ることが出来ました。

こんなことをやっている訳で、やっぱり
「てんどん」
でもいいです。
[PR]

by tedtoyama | 2005-10-29 15:25 | 日記

散髪

今はどうか分からないが、昔床屋で顔を触られるのが嫌で中学生の頃から髪のカットは美容院だった。
美容院のほうが格段に触られないからだ。
人が顔に触れるのをかなり嫌がる体質のようだ。
親兄弟も含めて。

子供やワンちゃんなどがぺろぺろやるのはあまり気にならない。

だめなのは大人です。

他人はもとより、愛する人でも顔を触られるのには抵抗することが多かった。

ですからアメリカに来てから、美容院も含め髪の毛を切ってもらったことはかなり少ない。

で、今日は散髪してもらったわけです。
コンリーに舐められ、修ちゃんにくりくり触られて。
この方たちには、嫌だなーって感じが何もしない。
それどころか眠たくなるような気持ちよさが生まれてくる。

本当に誰かに顔を触られるのは嫌なんですよ!

不思議なものですね。

で、今日の話題を記録しながら、はた、と気がつくですね。
あぁー、。。。別に話題にするまでも無いくらい「あんた髪ないじゃん!!!」
って。?

コンリーの方が毛があるよね!
パパの頭はすっきりしたけど、全体的にはこれ以上はどうにもならないよね!×◇?※。。
そんな優しい言葉をかけながら先生はカットしてくれました。

その後は自分で、
「おぉー!パパはマルコメ君だ!」って言って
でも、だれもうけてくれなかったよね。

今日は、朝塩鮭を焼き、夕食はイカとダイコンの煮物、レタス卵サラダ、バゲットにガーリックを塗りスパイシー・サルサを乗っけて少しオーブンであぶったヤツにアンチョビーカットをのせチーズを散らして再度オーブンへ。という感じで一杯やった。
カツ煮も作って食べるのです。
[PR]

by tedtoyama | 2005-10-20 13:24 | 日記

ラーメン食べた

最近、白くなったねぇー!とよく言われる。
小麦色では納得できないことになっているらしい。
「はぁー、どーも、どーも」とか、「最近泳いでないもんで」とか答えている。

いつも色黒で海坊主で、最近はディズニー映画の主人公にも例えられている(邦題:キャプテン・ウルフだそうですな)身にとっては、身体的特徴にも気を使わねばならんのかねぇ!?(笑)

まあ、上記の評価や印象はウェルカムなので、本人は実際に楽しんでおります。

映画には笑ったけれど。。。

何年かの結婚生活の経験はありましたが、子供を持ったり成人になってからワンちゃんと生活したことはありませんでした。
3ヶ月の間に、パートナーと生活し始め、子供も授かるなんて思っても見ませんでした。
自分の中で変化に追いついていかない部分が見え始めていました。
でもそれは決して表面的には具体的にならず、自身の精神と身体に影響していました。
昨日の朝がピークだったようです。

その後に昼の飲茶と夕方からのBBQがあったのですが、かなり浮ついていました。
主催者の方や参加されていた方に申し訳ない気持ちで一杯だった。

へとへとになっていたようです。

そんな自分を、修ちゃんとコンリーは優しく、とても優しくしてくれました。

今日は何を食べようか?
意外と力の入らない問答をしていましたが、あっさり系の中華スープか、こってり系のラーメン、ということになりました。
餃子のHANAかラーメンHALU。

HANAが月曜休みだったので、HALUに行きました。
修ちゃんは塩ラーメン(細麺、固茹で、油少なめ、味薄め、ネギとほうれん草のトッピング追加)、私はAセット(HALUラーメン、ライス、サラダ)のラーメン大盛り、麺固め、油多目、味濃い目、でした。

うまかった。
久しぶりの外食、日式麺(笑)で満足。
次は、LA方面トーランスの新撰組か!

でもまだまだベイエリアにはラーメン屋さんがあるし、修ちゃんにも食べてもらいたいからね!(評価はともかく)

なんだか力が湧いてきたよ!
油と、炭水化物と、醤油系の味とご飯、肉も含めてしっかり食べていかねば!!!
[PR]

by tedtoyama | 2005-10-18 16:05 | 日記

沖縄料理

修ちゃんは眠ってしまいました。
コンリーも少し後に修ちゃんを追ってベッドルームにいってしまいました。

今は一人で飲んでいます。
さっきAliceちゃんから電話があり、明日の昼、デリシティーのコイパレスで飲茶のお誘いがありました。
晩御飯は食べたことがあるのだけれど、飲茶は無かったのでジョイントしますって連絡しました。
昨夜は、カンカンちゃんから電話があり(いずれも修ちゃんへの電話です)このアパートでBBQをするとのお誘いでした。
ちょっと?顔を出してみよう。

昨夜から食欲が無くなって、身体がだるいです。
今朝は7時に起きて散歩に行き、ご飯を食べさせてから寝ました。
9時半におきてからまた寝て、11時半におきて散歩に行きました。

帰ってからも「だるだる」で、修ちゃんも気を使ってくれています。

カレーを作ったり、枝豆を茹でたり。。。
ありがとうね。

コンリーは相変わらず元気で、動き回っています。

今日は少しのんびり過ごそうと思います。
だらだらして、横になる。
たまにはいいかなぁ!

修ちゃんが作ったカレーがあまりにも美味しいので、カツカレーを食べたくなってミツワに行きました。
みやび亭のじゅんちゃんがコンリーに挨拶してくれて、カツも揚げてくれました。

これからカツカレーを食べようと思います。

じゅんちゃんが沖縄料理のお店を教えてくれるって言いました。

今度食べに行ってみよう。

ちゃんぷるー!!!
[PR]

by tedtoyama | 2005-10-16 11:06 | 日記

会話だった!

朝7時過ぎにコンリーの散歩に行ってから朝ごはんでした。

パートナーはすでに一回起きてブログを更新し、また睡眠に入ったようですがあまりすっきりしていない。
二人して朝8時の新鮮な空気を吸い、煙草も吸い、ベランダで、なんだか眠っても眠っても眠たい。ってなことを言い合いました。
緊張、生活の変化、感情の変遷、体力的。。。
すべてにおいて結構大変なんだなあ!と、でも笑顔で、気分良く感じるわけですね。

11時にプールサイドで待ち合わせがあるので3人で出かけました。
パートナーは、まあちゃんとクリスちゃんとデートです。
彼女たちにコンリーを紹介できました。

まあちゃん、クリスちゃん、ありがとう。

お土産のギョーザに喜びながら、近くの公園に出かけました。
コンリーの嬉しそうな顔と、元気に動き回る姿を眺めているとほっとします。

早めに飲み始めたので、パートナーは午後9時過ぎには寝入っていました。
ところが10時40分ころ起きてきて、少し会話した後また寝てしまいました。

疲れているよな。
ゆっくりできるといいね。
早く3人のペースを掴もうね。

そんなことを思っていたら、突然!!!

「ありがとう」
といいました。
???
訳が分からなかったのですが、確かに寝言らしいので、
「修ちゃん、大丈夫?寒くない?」
みたいな、差障りの無い言葉を返したら、
すかさず、
「◎△×。。。?!、、、といいね!」
って答えました。

瞳は閉じたまま。
顔は笑顔でした。

会話したよな?確かに。。。

恐い!

ーーーーーーー

追記

さっきまで周りでうろうろしていたコンリー。
自分からベッドに’行きました。
修ちゃんはリビングのソファーで「頭いたい」と言っていたので、頭痛薬を飲ませたらまた熟睡しています。
キッチンのパソコンから更新しています。

家族はまとまっているのでしょうか?(笑)

私の気持ちは満たされています。

ありがとう!
[PR]

by tedtoyama | 2005-10-14 15:39 | パートナー

枝豆が好きな犬

b0049291_855542.jpg基本的な躾は出来ているのであまり手がかからない。
室内で「そそう」することは無く、ナンバー・ワン、ナンバー・ツーは散歩のときにしてくれます。
朝食前と夕食後の散歩でナンバー・ツーです。
昨日はサンノゼ市のアニマルケア・センター外で、昼過ぎ頃しちゃったみたいですが(笑)

とは言え、まだ一才なのと日本語環境に慣れていないことから、お座りや待てなどこれからです。
食欲は旺盛です。
体重19ポンド(約8.6kg)の小型犬なので食べ過ぎに注意です。
朝晩二回の食事は、栄養バランスの取れたドッグフードとライス少々に、薄く薄く味付けしたスープ系かミルクを混ぜて食べてもらっています。
いずれも「ペロリ」と食べちゃいます。
ママとおとーちゃん(何故かパパではない!)が枝豆などつまみに一杯やっていると、うるうるの目で見つめられ、喉の奥からか細い声で「くぅーん」とやられた日には。。。
しょっぱくない枝豆をついつい食べさせちゃいますね。(笑)

とても好きみたいです。

今日は枝豆をたくさん買ってきました。

今夜はAliceちゃんたちと夕食なので、約3時間ほどお留守番をしてもらいます。
最初は普段のように部屋の中で自由にしてもらおうかとも思ったのですが、今朝手の届かないところに置いてあったはずの煙草の箱をジャンプして銜え、あわや煙草を食べちゃいそうになったり、電源ケーブルなどが気になるので慣れるまでは箱に入ってもらうことにしました。
ペットショップで小型犬用のケージを買いました。

ちょっと窮屈だけど、ごめんな。
[PR]

by tedtoyama | 2005-10-13 08:56 | パートナー

家族

確かにブログでコメント頂いた何方が言っていましたが、家族がどんどん増えていますね、って感じです。
これは?っていう戸惑いや、うーん?とっ!てな感覚が何も無いとは言いません。
でも、それはとても充実していて、満足できて、豊かだなーって思う気持ちが一緒にあり、それらのほうが強いです。

今日は朝6時に起きました。とりあえずの起床です。
起きたきっかけは、修ちゃんがワンちゃんと散歩に出かける気配を感じたからです。
私の身体は言うことを聞かない状態でした。
酒、緊張、疲れなどからでしょうか?

修ちゃん、あんたも疲れているだろうにありがとう。

コンリーたちが散歩に行っている間に朝ごはんを作りました。

食べた後、また爆睡してしまったけれど。

修ちゃんは午前10時過ぎにまたお散歩に連れて行ってくれました。
優しいおかーさんです。

今日はコンリー君をサンノゼ市に登録して鑑札タグを貰いに行きました。
身体に埋め込まれたIDチップの情報変更手続きをしたり、忙しい日でもありました。

仕事もあり、午後4時過ぎから8時過ぎまではパソコンに向かったのですが、やっぱり途中でコンリーと散歩をしました。

彼との生活、私たちのほうが何かと落ち着かないようです。

3人でのドライブの途中で買い物をしたりご飯を食べたりする時も、彼を連れて行ける場所でなければ車中に何分かいてもらう事になってしまうので、いろいろ考えてしまいます。
一人にするのはできるだけ避けたいです。

これから、力を入れずに、無理なく、自然に付き合っていくようがんばります。

あっ! 今、ぐりちゃんから電話がありました。コンリーと一緒に六甲おろしは歌えませんでした。(笑)
でも、
早くみんなでおしゃべりしましょうね!
[PR]

by tedtoyama | 2005-10-12 16:07 | パートナー

コンリー

小学校高学年の頃から、大学を卒業する寸前までワンちゃんが家にいた。
コリーのジョン君で、おとーさんが一番好きでした。

病気で最後を迎えてしまった彼を思い出すことはもう無かった。
おかーさんは写真をいつも持っていました。そして、もうこんな思いはしたくないからといって、その後は好きなワンちゃんに出会っても一緒に住もうとしませんでした。

私も、その経験があまりにも悲しすぎて、ワンちゃんが好きなんだけど、一緒に住むことを諦めてました。
そして一人でずっと生活して行こうと決めたとき、ワンちゃんとの生活は夢になりました。

そんな私が今、かわいいワンちゃんに出会い、一緒に暮らす手続きをしているなんて。

これが出来たのもパートナーのおかげです。

今まで何度か二人でシリコンバレーのワンちゃんを見に行きました。
でも縁が無く寂しい想いを何回かしました。

そんななか、パートナーのブログ友達がSFOの施設を教えてくれたので、とりあえずという気持ちもありましたが、早速見に行きました。

いました。

この子だなあって感じたワンちゃんが!
b0049291_1515735.jpg
すぐ申し込みをしました。

今ワンちゃんは同じお家にいます。

お世話になった皆さんすべてに感謝します。

彼はとてもいい子です。

ちょっと言葉にならないので、詳細は明日以降にします。

一歳と一ヶ月の男の子、テリア・ミックスのコンリー君です。

よろしくお願いします。
b0049291_1523511.jpg
[PR]

by tedtoyama | 2005-10-11 14:37 | パートナー

宴会の後

日曜日の今日、朝8時過ぎに一回目が覚めて水をしこたま飲んだ。
体中がギクシャクして、擦り傷やら関節痛やら筋肉痛などで固まっていた。
秀子さんから頂いた、肝臓がんばれサプリを飲んでまた寝た。

まあちゃんとスティーブ宅にお世話になりました。
素敵な家族とお家でした。
まあちゃんのご子息たちとはしゃぎすぎたようです。


11時過ぎに寝起き状態になっていたら、隣の部屋にいたパートナーの携帯電話が鳴った。
記者Yちゃんからだったようだ。
サンフランシスコのアニマル・ケア・センターにワンちゃんを見に行くので、一緒にお昼ご飯でも食べましょう、と誘ったような、夢のような。。。
身体はボロボロ状態に近かったけれど、二日酔いはほとんど無かったので午後2時にジャパセンで待ち合わせをした。

昨夜脱ぎ捨てたパンツのポッケを探っていたら、待ち合わせ場所と記者Yちゃんの電話番号、時間が書いてあるメモが出てきた。

「午前11時」と書かれていた。

完全にすっぽかしていたわけです。

すんません。ごめんなさい。

ともあれ、ジャパセンでYちゃんに会ってから、薄々ピザがあるらしいA16レストランに向かいました。
最悪な日と場所だったことなどすっかり意識せずに。
サンフランシスコではエアー・ショーが開催されていました。
それを見るための群集が、普段の何倍ものスペースで駐車しているわけです。
ただでさえ駐車場見つけるのが難しい都市なのに。
50分以上もうろうろした結果、みんな諦めの境地になってしまい、リトルサイゴンでベトナム料理を食べることにしました。

でも、とってもおいしかった。

その後、目的のワンちゃんを見に行きました。
いきなり「この子だねえ!」というワンちゃんに出会いました。
実際に触れさせてもらいトレーナーの話を聞くことが出来ました。

この子を家族にしようと、申込書に記入しました。
住んでいるアパートが、ペットOKであることを確認するための書類、または電話で直接聞く、という手続きが出来なかったので、また出直しです。
明日11時からオープンするので、早速必要な情報をもって行きます。

家族になれるといいなあ!

テリアのミックスで、カトリーナの災害でSFOに避難してきたワンちゃんです。
1歳と1ヶ月のCONLEY君です。

明日の朝、気合入れて行って来ます。
[PR]

by tedtoyama | 2005-10-10 15:57 | パートナー