DNAのある所


北海道での独り言
by tedtoyama
自己紹介
男 
1996年から11年在住した米国シリコンバレーを後にして、2006年9月から北海道に移住。
パートナー2人と共に新しい生活を始める。
生まれて初めての北海道。
期待いっぱいで突進だ。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
定山渓温泉の歴史
from 温泉:定山渓温泉の旅館を紹介..
石狩市浜益のミズダコ
from なまら旨い!北海道。
サンノゼ警察、参上!?(笑)
from 新・恋の話でもしたいところだが。
とにかくやるよ!
from 恋の話でもしたいところだが。
スルッと入国!
from 恋の話でもしたいところだが。
メニューでございます。
from 恋の話でもしたいところだが。
海外で日本のテレビを見よ..
from シンガポール奮闘記
ロケフリってどうかな
from 僕の欲しい本 欲しいもの
まあさん家で楽しく遊んで..
from ◆クリスとピエールの米国滞在..
エンジニアが斬る!今流行..
from 無料メルマガ持ってけ♪情報館..
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2005年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧


日曜日の射撃

アメリカだから鉄砲と言うわけでもないと思いますが、まあ、身近に考えなければならないアイテムの一つでしょう。
日本にいたときには考えられないほどリアルで、そして本当に怖い。
怖いからこそ触ってもみたいし、分かっておきたいとも思う。

始めてアメリカに来た23年前のシアトルでは、結構な思いもした。
以来、米国を含めて、中国や中東でも同じ経験をしたことがある。

銃口を向けられるのは、本当に怖いのです。

日本でも「や」印の人に匕首を首にあてられた経験があります。
これはこれで、おしっこちびりそうだった。
でも、鉄砲向けられたときと比べたら、その瞬間の恐怖は格段に違う。
匕首の場合は、あてられているという恐怖のほうが強く、この状態に屈したら助かるのかな、といった一抹のほんのかすかな逃げ道を感ずる余裕があった。
でも、鉄砲は無い。
向けられた瞬間、死に直面したと思う。

過去3回射撃をする機会がありました。
最初は23年前のシアトルでの公営射撃場。(米国の友人が案内してくれた)
次はハワイのカウアイ島の海岸でテキトウに海に向かって打ちました。(米国軍人の友人が、実家の近くの海岸でテキトウに撃たせてくれた)
最近では、3年前ラスベガスで、日本の友人のご家族に付き合って撃ちました。

そして今日です。
まあちゃんのご主人のスティーブがエスコートしてくれました。
撃った!撃った!
22口径5種類(内ライフル2種)、22口径+1種、40口径1種、45口径3種、をそれぞれ50ヤード、25ヤードのレンジで試しました。

いい経験をさせていただきました。

アメリカにずっと住むかどうかは分かりませんが、鉄砲を枕元においての生活は、やはりしたくありません。
しかしながら、鉄砲を正しく使えなかったり、知らないでいることはもっと嫌です。

どんなことでも、あること、存在することに向き合って自分なりに理解し、体験することはとても大事だと改めて感じました。

感覚的にスポーツや趣味一般になることには少し抵抗を覚えるけれど、いろいろと知ることは大事ですね。

でも、。。。やっぱり怖かった!(また学習したいのは確かだけれど)

スティーブ、ありがとう。
[PR]

by tedtoyama | 2005-11-14 15:47 | 日記

缶詰横丁

ややっ?

つながった!???

今モントレーのホテルというか小さなモーテルのようなところから更新しています。
コンちゃんのお手洗い(洗わない:笑)も済ませ、一人飲んでいます。
修ちゃんがプレゼントしてくれたワイルドターキーを、寝顔を見ながら飲んでます。

ビクトリアン・インというホテルで、キャナリー・ローにあります。

今日は3人でサンタクルーズに行きコンちゃんを海岸線で遊ばせようと思ったのですが、
浜辺は午前10時までか午後4時以降はOKよ!
ということで、
道一本内側の広場でお散歩しました。

サンタクルーズのダウンタウンで軽めの食事をした後、突然降ってきた雨の中モントレーに向かい、カーメル近くの17マイルドライブを走りました。

ぺブルビーチ・ゴルフコースでトイレ休憩している間に、ランチの残りをコンリーに食べられてしまいました。
車に残していった私のミスです。

まだまだだなぁ!

モントレーに戻ってホテルにチェックインしました。
修ちゃんは気に入ってくれました。
早速、持参したワインで乾杯し、一泊とはいえ旅の疲れを癒しました。

初めてのモントレー泊です。
カーメルやワーフには何回か来ていますが、すごい人出で断念し続けてきた水族館が
魅力です。

明日行くぞー!

躾や雰囲気や気遣いや安らぎ。

家族を、感じてます。

初めてです。

大切にしたい。
[PR]

by tedtoyama | 2005-11-10 15:39 | 家族

集中力とエネルギーな週末

タイトルまで訳わかんかくなるような土曜日ですな。
午前6時前コンリーに起こされてお散歩です。
帰ってから寝なおしました。
寒かったのでパートナーが入れてくれたコーヒーが嬉しかった。
バニラ・アイスをスプーン一つ落としてあった。
絶妙な味でしたな。

9時半過ぎに起き、ふにゃーっとしてからDVDの続きを見ることにしました。
「タイガー&ドラゴン」
それにしてもいい!

DVDで5・6巻(各2話)の残り3話を通しで観ました。

二人とも言葉が無い。
泣いた。笑った。黙り込んだ。打たれた。
話を身体で受け止めた。
へろへろになった。

そのままふらふらとベッドに横たわって眠ってしまった。

すごい番組を見てしまったものだ。
いい。
とてもいい。
DVD買う。
何度でも観たい。

夕方おきても身体に力が入らない。
良かったのは、もう一本DVD借りていたことです。
バラエティーの「どっちの料理ショー」
これを観て、少しは正常な現実に戻れたわけですね。
ギョーザとシューマイでしたな。

予定していたかにクリームコロッケは明日以降にして、虚脱していた。

ふぅー!

来週のどこかでモントレーにでも行って、3人で一泊してこようかな。

落語も見たいです!
[PR]

by tedtoyama | 2005-11-06 14:04 | 日記

コンリーは、可愛いね!

髪の毛はながーーーい友達???
ああ!
そーだったかね。

無いもん!
もう
ほとんど無いに等しいもん!

コンリーはあるですね。
修ちゃんも、たっぷり!

コンリーの体毛が変化しました。
先月10日に家族になったとき、首から顔にかけてはふさふさ、さらさら。
そこから尻尾にかけては、妙に艶っぽく、てかっていて、ワンちゃん用のポマードを塗ったような、獣臭がするような、そんな感じでした。

そして約10日が過ぎようとした頃、彼の体毛は変化していました。
てかりは消え去り、匂いも薄くなっていました。
最初は去勢の術後なのでお風呂に入っていないかなあ?と思っていましたが、そうではなかったのですね。
大変な経験の末、彼は自分を守るため自然と自分を本来?の、野獣化としていたのですね。
たった一歳の身で。

どんどんさらさらな体毛になって行き、獣臭も消えました。

人間でも白髪になるほどの恐怖、というのがある。
まさにそれを経験したコンリーです。

もう、そんな体験はさせない。

絶対に、させない。

パパは明日また、頭刈るけれど(刈ってもらう予定ですが)
コンリー、
あんたは…

ちぇっ。

ブラシしてやる。
[PR]

by tedtoyama | 2005-11-05 14:11 | 日記

日本のテレビ番組

飲み仲間のAlice博士のお家にはTVが無い。日本でもそうなのかもしれないが、米国も、たまーーーにそんな生活を楽しんでいる人を見かける。
常に誰かと話をして、パブや自宅では大型画面のTVを楽しむ人たちが多い米国にも、TVを抜きにしたライフスタイルを楽しんでいる人がいる。
ニュースや情報はネットから得られるし、身体を動かしたり、他の自分の趣味に時間を使うと意外とTVを見ない、または見る時間が無いことは確かだ。

私の場合もそうです。
ただ、一旦見始めて面白くなるとしばらく止まらない。

最近パートナーがレンタルしてきた日本の番組にハマッテいる。
「タイガー&ドラゴン」
笑えて、泣けて、考えさせられて…
とにかく面白い。
あと5話、ダッシュして見ようと思う。

連続物もたまにはいいが、「愛のエプロン」や「どっちの料理ショー」「チューボーですよ」など料理番組も楽しんでいる。
そして刺激を受け翌日同じメニューに挑戦するわけです。

特に番組を見ている最中に突然パートナーが「食べたい!食べたい!…」と際限なく繰り返し叫び始めると、刺激が必然になるわけです。(笑)

先日は「かにピラフ」と「かにクリームコロッケ」でした。

ということで、今夜は「かにピラフ」と「特製茶碗蒸し」と「鳥団子」で一杯やろうかね。

b0049291_4191275.jpg風邪もよくなってきたし。
[PR]

by tedtoyama | 2005-11-04 04:20 | 日記

アップグレード

b0049291_31597.jpg先日のシアトル出張では、ノートパソコンのバッテリーとACアダプターが頓死してしまい、たいへんな目に合った。
携帯電話のバッテリーチャージ用アダプターもコンリーにかじられたので使い物にならなくなっていた。
出張前にシンギュラーのショップを何件か回ったがいずれも売り切れ状態であった。
しかたなく出張先のシアトルでショップを探しなんとか入手できた。
写真は出席した学会でのレセプションで出た魚料理です。

と、ここまで書いていたらコンリーが「かまって、かまって」と擦り寄ってきたので、抱き上げてパソコンのキーボードの前に向いたら、
これ→ ❽、mmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmm
コンリーが口でスペースキーを一回押した後左手(足?)でキータッチしたものです!!!?
昨日も一人お留守番をさせたとき、パートナーのパソコンを触ったらしく新しいウインドーが開いていました。!!???
パソコンできるのー???

b0049291_3235388.jpgサンノゼに戻ってからネットでノートパソコン(IBMシンクパッド)用のバッテリーとアダプターを注文し、ついでに作業用のディスクトップのメモリーを増やすことにした。
なにぶん2年前の購入時のままの256Mバイトだったので遅いんですわ。
パートナーのパソちゃんは最初から512Mバイトなのでとても快適に動いているようでうらやましかったので。
いやはや、それにしてもメモリーも安くなったものです。
1Mバイトあたり10セントとは!
50ドルで512MバイトのPC2100・DDRを買ってきて交換しました。
そのうちにまた512Mのメモリーカード買って1Gバイトにしちゃおう。
楽しいですね、パソコン環境がどんどんよくなるって。
CPUはAMDの2400+で2GHzの動作クロックなので、あと2年くらいは我慢できるのではないかと。

上の写真を編集したのはパートナーです。寝顔がかわいくないとかで(笑)
b0049291_3162739.jpg
今週は家族とのんびり過ごそう。
[PR]

by tedtoyama | 2005-11-03 03:17 | インフラ