DNAのある所


北海道での独り言
by tedtoyama
自己紹介
男 
1996年から11年在住した米国シリコンバレーを後にして、2006年9月から北海道に移住。
パートナー2人と共に新しい生活を始める。
生まれて初めての北海道。
期待いっぱいで突進だ。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
定山渓温泉の歴史
from 温泉:定山渓温泉の旅館を紹介..
石狩市浜益のミズダコ
from なまら旨い!北海道。
サンノゼ警察、参上!?(笑)
from 新・恋の話でもしたいところだが。
とにかくやるよ!
from 恋の話でもしたいところだが。
スルッと入国!
from 恋の話でもしたいところだが。
メニューでございます。
from 恋の話でもしたいところだが。
海外で日本のテレビを見よ..
from シンガポール奮闘記
ロケフリってどうかな
from 僕の欲しい本 欲しいもの
まあさん家で楽しく遊んで..
from ◆クリスとピエールの米国滞在..
エンジニアが斬る!今流行..
from 無料メルマガ持ってけ♪情報館..
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2005年 12月 ( 27 )   > この月の画像一覧


父子家庭最後の日

b0049291_13145531.jpg11月20日からちょうど4週間経ちました。
明日の午前中にパートナーが日本から帰ってきます。
この間、夕食は一度も外食しませんでした。
仕事以外の時間は、できるだけコンリー中心の生活をしたかったからです。
彼がいてくれて本当に良かった。
二度ほど体調を崩しかけた時、ベッドに横たわって「いてぇよぉー!」ってお腹さすっていたら、コンちゃんが横に来てくれてくっついて寝てくれました。
心配そうに顔をうかがいながらも、彼の体でお腹をあっためてくれた。
ありがとう、コンちゃん。
それにしても不気味なくらい静かな日々だったねぇ。
コンちゃんとの会話は、徐々に成り立ってきているようですが、基本的にお互い寡黙な方だし。
もっともパートナーと3人の生活もそんなに賑やかではないです。
食事中や飲みながらの会話、気になることをとことん話し合っている時、ぐずって(笑)いるのを、がまって(爆)いる時以外は静かなものです。
お互いの時間を大事にして、本を読んだりパソコンに向かったり、イラストロジック(笑)やったりと、ゆるゆるしているので。
コンちゃんはそんな二人のどちらかの側で、幸せそうにのんびりしているといった構図です。

それでも父子の日々は静かすぎた。

はげじじい:「あのヒトがいないと、つまらんねぇ」
コンリー:「ママのことかね?そーだねぇ、あのぐずりには勝てそうもないけど、いないとやっぱりつまらんねぇ」

コンちゃん、あんた、だいぶ修ちゃんのことが分かってきたようだね。
明日は二人で迎に行こうね。

父子の会話でした(笑)
[PR]

by tedtoyama | 2005-12-18 13:15 | 家族

死亡禁止条例!?

CNN.CO.JP(CNNの日本語版)の「こぼれ話」は、世界中の珍事が紹介されているのでよくチェックしている。
ブラジルの小さな町(人口2万8千人)の町長が、墓地不足から「死んじゃあいかん!、できるだけ健康に気をつけて死なないようにすること」という条例案を町議会に提出したそうだ。
なかなか考えさせられるような、力が抜けるような。。。
葬る場所が無いから死なないでねって、いろんな背景はあるのだろうけど、優しい町長だなと思いました。(分からんけどね:笑)

b0049291_1312757.jpg今年のクリスマスは日曜日、来年の元旦も日曜日。
クリスマスシーズン多少の休暇をとる人がいるにしても、日本のように年末年始休暇が無いので何か損した気分になりますね。
日系企業以外は31日も仕事だし1月2日も通常の月曜日です。
まあ私は年中休みみたいなものですが。

今日はキッチンとバスルームの掃除をした。
ついでに車の中もバキュームかけた。
昨日パートナーと話をしていて、車の中がコンちゃんの抜け毛でいっぱいなので
そのうち綺麗にしようねってことになったのですが、今日よくよく車内を眺めてみたら、びっくり!
あまりにも毛だらけだったので掃除機かけました。
こまめにブラッシングはしていますが、抜けますねぇ犬の毛って。
掃除をしていて確認したのですが、誰の毛か一目瞭然ですわ(笑)
話題として18禁的な要素もありますが、
私=こけ、コンちゃん=1インチ(2.5cm)前後、修ちゃん=長髪、なので。

b0049291_13114898.jpgそういえば日中近くの公園を散歩していたら、同じく散歩を楽しんでいる老夫婦とすれ違った際に、バーバラが「かわいいワンちゃんね。私達はワンちゃん用のクッキーを持っているけれどあげていいかしら?」と話しかけてきた。
ありがとうと言ってジージラがコンちゃんにお菓子を食べさせるのを見ていた。
ペットにフレンドリーな場所でよかったね、コンちゃん。

最近、日増しにそわそわして来ているけれど、あんた、早くママに会いたいんでしょう。
[PR]

by tedtoyama | 2005-12-17 13:14 | 日記

宇宙旅行とクリスマス

b0049291_1439897.jpg今日はNTTドコモUSA研究所主催のイベントに出かけた。
サンノゼ・ダウンタウンにあるテックミュージアムでの開催だった。
基調講演をするバート・ルータン氏へのインタビューもあり、午後2時半に会場に着いた。
ルータン氏は昨年Xプライズと言う賞を獲得し、エンジニア・オブ・ザ・イヤーにも選ばれた経験がある航空機設計の第一人者でありスケール・コンポジット社の創立者でもある。
かのポール・アレン氏から2000万ドルの資金を得て設計したスペースシップ・ワンで、100km以上の高度までの有人飛行を、2週間で2度実現し賞金1000万ドルのXプライズを勝ち取ったことで有名である。
b0049291_14393951.jpg先日発表があったニュースで、英国バージングループの代表であるリチャード・ブランソン氏の設立した商用宇宙旅行会社「バージン・ギャラクティカ」が、ニューメキシコ州に宇宙飛行用施設を設立するという。
この商用宇宙飛行船5機の開発は、ルータン氏の会社に発注されている。
8人から11人乗りで費用は一人20万ドルらしい。
2008年から2009年には実現するというこの計画に、世界中の富豪のうち100人が20万ドルの支払いをすでに完了しており、165カ国で4万人近い人が申込金を支払っているといわれている。

政府などの援助無しで宇宙空間への足がかりを可能にさせたスペースシップを開発したルータン氏は、「アポロ計画で人類が最初に月に降り立ってから35年以上経つ。その当時30年後には誰もが月旅行をしているような時代になっていると考え、また、夢見てもいた。しかし現実は違った。月に行きたい。死ぬまでには絶対に」と語っていた。
ロマンですね。
でも費用はともかく、かなり現実に近づいてきた感じです。
行ってみたいなあ!
無重力(無重量)状態でチャーシュー麺食べてみたいなあ!
きれいな丸い地球を眺めながら本でも読んでみたいなあ!

インタビュー終了後はテックミュージアムのIMAXシアターで、アポロ計画を題材にした40分の映画を見た。
この映画施設はプラネタリウムの作りになっていて、スーパー・サラウンドの音響効果がある優れものです。
迫力がありすぎて、ちびりそうでした(笑)
でもトム・ハンクスのナレーションが入ったフィルムはすばらしいものでした。

b0049291_1440728.jpgミュージアムの外はクリスマス色でいっぱいでした。
仕事で出かけたイベントでしたが、個人的な興味の方が先立ってしまった。
何故か、まだ小学校に行く前に見た、バベル(バビロン)の塔の絵本を思い出しました。

良い日だった。
[PR]

by tedtoyama | 2005-12-16 14:38 |

閑話休題

パートナーが日本に戻る前のことでした。
ミツワで買い物していた時です。
喉が乾いていたのと、たまたまちょっと飲んでみたい日本のスポーツ飲料?のようなものに目が留まったので「これ飲んでみよう」って手にとって飲みました。
彼女は点目状態で、「飲んでいいの?」ってこわごわ聞いてきました。
「ん?」
彼女にしてみれば、買い物途中で店のものに手を出す(食べる・または・飲む)ことに驚いたのと、多分買うのだろうと思ったけれど、もしまずかったりして口に合わなかったらまた戻すのかなあ、などと思ったらしいです。
一度口にした(封を切った)ものは当然(笑)購入しますが、確かに日本にいたときはやらなかったし、多分できなかったのでしょうね。
果物やデリの惣菜なども、どれどれって、サンプルコーナーなんかなくても味見するのは当然です。
ただし果物といってもブドウやプチ・トマトなど一個売ではないヤツです。なんとなく商品全体がアバウトなものに限りますね(笑)
そしてお店も「どーぞ、どーぞ」ってな感じです。
Costco(コスコ)なんかは試食品コーナーが充実していて、数箇所回れば一食食べた気になります。
日本のデパ地下もそんな感じでしょうか。

そういえばアメリカにデパ地下ってあるのでしょうか?
別に食品を扱って無くてもいいのですが。
そして、日本では何で食品・食料品がデパ地下なんでしょうか?

ついでに、立ち食いそばって、よく考えたらなんだろ?
そばに限らず、立って食おうが座って食おうが、それが何?って感じですね。
座るところを用意していない蕎麦屋という意味なんでしょうけれど。
麺類やご飯など物によって座るべき、立っててもいい、って無いよなあ!

実際の中身は多様に見えるけれど本質は同じで、呼び方や接し方が異なるとこんなにかけ離れたものになってしまうんですね。
食べ方にもお国柄はあるようで、文化・しきたり(宗教的なものも含む)、歴史、
個人の嗜好、両親の教え、なども含めいろいろと考えることが多いです。

もっと勉強しながらも、自分の嗜好ややり方で生きていけたらなあと思います。
[PR]

by tedtoyama | 2005-12-15 13:46 | 日記

検問に気をつけましょう

今朝のサンノゼマーキュリーを読んでいたら、先週の土曜日の検問でパロアルトPD(ポリス・デパートメント)が6人をDUIで逮捕したと出ていた。
サンタクララ・カウンティー全体では何人だったのかな?
市警の検問は、午後10時から午前3時、CHP(カリフォルニア・ハイウェイ・パトロール)は午後11時から午前5時までが通常です。
平日はできるだけ、検問がある日は必ず午後10時前か午前5時以降に帰宅してくださいね。
次回の検問(サンタクララ郡)は12月16日(金)です。

「飲んだら時間に気をつけろ」
「がんばれ肝臓、BAC(血中アルコール濃度)よ下がれ」

って、ここまで書いていたら、昨日のブログのコメント欄に捕まっちゃった方からの書き込みがあってびっくり。
しかも私のときと同じサンタクルーズだそうです。
2日後に裁判を控えているらしいのですが、心中お察しします。
もう何人もの相談に乗っていますので、いつでも連絡してくださいね。
留置場とDDP(ドリンキング・ドライバーズ・プログラム)卒業の先輩(笑)としてできる限りお力になれたらと思います。
とにかく、向う6ヶ月間はいろいろな制約ややるべきことなどで、不安でしょうがない時期を過ごされるでしょうから。

ところで先週末にコムキャストのデジタルプランに加入しセットトップボックスをインストールしました。同時にケーブルモデムとワイアレスルーターも設置しよしよしだったのですが、ケーブルモデムとインストールキットがもう一セット送られてきました。
相変わらずバカな会社が多いですね。
その上昨日の昼過ぎから突然チャンネル36から69まで映らなくなった。
CNNやヒストリーチャンネルやら見たいところがいっぱいある帯域です。

パートナーがラップトップ持ち帰ってきたら、日本のTV番組が見られるので
デジタル契約止めちゃおうかな。
もともとそんなにTV観ないし、コンちゃんが一人でお留守番する時につけっ放しにするくらいだから。
[PR]

by tedtoyama | 2005-12-14 12:03 | 日記

納豆は好きですか?

ウインター・シーズン到来ですね。
自分でプレーするなら、スキー、スケート、スノーボード、、、観るならアイスホッケー、バスケットボール、フットボール、サッカー、、、、。
でもやっぱり訳のわかんないアメリカという国では、水泳しちゃうんです。
最低気温が限りなく0℃に近づいても、泳いじゃうんですね。
日中は15度以上になり、まあ温水だし、隣にホットタブもあるので可能なんですが。
でも屋外のプールですよ!
早朝コンちゃんの散歩をしていると、温水プールから霧のような湯気が立っています。
その中を「ふん、ふん」泳ぐ人達がいるんです。
「ごくろーさま、おぉー寒い」って横目で見ていたのですが、誘惑に負けて(笑)今日泳いじゃいました。
そんなにいい天気ではなかったけれど、20分ほど泳いでからジャグジーへ直行。
なかなかタブから出られませんでしたが、やっぱり気持ちよかった。

b0049291_12472994.jpg
そういえばユニークなスキージャケットが発表されていました。
フードにはスピーカーとマイクが内臓されていて、ブルートゥースで携帯電話と、有線でiPodと接続可能になっているようです。
価格は$599とか。
どーなんでしょう?

昨日パートナーは姉妹でゆっくり過ごしたようです。
妹さんもワンちゃんと一緒に生活をしていて、その食嗜好がコンちゃんとそっくりなようで。
キャベツやキュウリなど生でそのままバリバリ食べる。氷が好き。などなど。
その上、納豆をネバネバ食べるそうです。
今度パートナーが帰ったらコンちゃんに勧めてみよう。

実は私、大学入学まで納豆嫌いでした。豆腐、長ネギ、豆類(特に赤飯)などもだめでした。
父親が厳しかったので食べはしましたが、自分でお金を稼ぐようになって買ったり食べに行けるようになったら、絶対に口にしないと決めていました。
母親の影響(好き嫌い)も大きかったのですが、納豆は臭い、豆腐は味が無い、長ネギは熱いのを口に含んで噛もうとすると、つるって中の多重構造ネギが出てきて気持ち悪い、豆類は味が無いか甘系味なのでおかずにならない、といった理由です。
その後厳しい社会に出て(笑)ふざけたこと言ってるヤツは生きていけないということを体験して行くうちに、好き嫌いは消え去り、かえってそれらが好物になりました、とさ。
でも、中国大陸の広東省で「アルマジロ」とか「猫」とか「ハリネズミ」とか「虎」とか「パンダ」なんかはダメだったなあ!
そしていまだに赤飯は食べたくないです。
どうしてもという状況になったら、豆を取り去りつつ食べます。
すみません。
[PR]

by tedtoyama | 2005-12-13 12:50 |

取り越し苦労

週末と言ってもなんだかんだとやる事があって、なかなか休まらない。
昨日は仕事、買い物、コンリーの健康診断、お散歩そして料理。
日曜の今朝はコンちゃんではなくて日本からの電話で目が覚めた。
コンリーは朝の散歩で初めてNo2.が無かった。
きっと昨夜から飲み始めた薬の影響だろうと思い、まあそのうち催促されるだろうとのんびりしていた。
朝ごはんをたくさん食べたせいか、9時過ぎにベランダでうとうとしていたら本格的に眠くなりベッドで寝てしまった。
何か動くものが気になるなあと、11時過ぎに目を覚ますとコンちゃんが「はあはあ」言いながらうろうろしていた。
これは!っと、すぐ外に連れ出したら5秒でNo2(笑←ごとでは無かったね。ごめん)

今日は久しぶりにドッグパークに行った。日曜なので混んでいるかなあとも考えたが、あまり心配ばかりしていたら先に進まないし、何とかなるだろうと車に乗った。
大型犬のエリアは3匹ほどワンちゃんが遊んでいたが、小型犬の方は空いていた。
ちょっと拍子抜けしたけどコンちゃんとボールで遊んでいたら、同じくらいの大きさのワンちゃんがやってきた。
オーナーの女性は、「大丈夫、大丈夫、仲良く遊びたいだけよ」ってニコニコしていたので、そーですかー?と見守っていたら、思いっきり仲良くじゃれあっていた。
彼女は、「とても遊びが好きでフレンドリーで、良いワンちゃんね」って何度もコンリーを褒めてかわいがってくれた。
そうこうしている内にワンちゃんたちが続々集まってきて10匹近くになったけれど、どのワンちゃんもフレンドリーで、皆で大騒ぎしながら走り回っていた。
コンちゃんはどのワンちゃんとも分け隔てなく遊んでいて、とても満足そうだった。
多くのオーナーから「良いワンちゃんね」って褒められてとても嬉しかった。
家族になってすぐ、アパートで大型のバカ犬にかまれた経験があるので、ずっと気になっていた。
噛まれるのも噛むのも嫌だなあって。
でも取り越し苦労だったようです。

まだまだやんちゃだけれど、どんどん素敵な子になっていきます。
毎日接するのがとても楽しい。
[PR]

by tedtoyama | 2005-12-12 11:46 | 日記

健康診断

ちょっと、パートナーには無駄足を運ばせてしまったみたいです。
カリフォルニア州の運転免許を取得するための諸条件がそろうまでには、まだまだ時間がかかるので一年間だけ有効でも国際免許証を取得しておけばいいと思ってました。
確かに州の住民になったら速やかに(一週間以内?)州発行のライセンスを取得することが義務付けられてはいますが、住民かどうかや、いつから州内に滞在しているかなど誰も分からないわけなので。
ところがよくよく調べてみると、カリフォルニア州では国際免許証を免許として認めていないのですね。
ややっ、と思いきやなんと日本の免許証で運転できるとは。
知りませんでした。でも、よく分からんなあ!
このあたりは州によっても全然違うし、この州は特にIDや免許取得のための条件が厳しくなっていますね。

さて、今日コンリーは健康診断に行ってきました。
アニマルケアセンターでアダプトした際に、基本的な健康診断と必要な予防注射、去勢手術とIDマイクロチップ埋め込みなどを終えていましたが、出来るだけ早い時期にかかりつけとなるドクターに検診をしてもらうことが必要でした。
午後2時半の予約をしてあったので、先日お泊りさせてもらった病院へ向かいました。
受付もコンリーを覚えていてくれ、紹介された先生と診察室へ入りました。
その前に体重を量ったのですが、彼が家族になった10月10日時点で19ポンド(約8.6kg)だったのが21.3ポンド(約9.6kg)と、1kg太ってました(笑)
いろいろ触ったりして診て貰いましたが、いたって健康と言われました。
その後、寄生虫駆除やフェラリアなどの予防注射を行い、併せて幼年期に一度だけ与える薬を頂いてきました。
各種摂取後の再チェックは、来年早々にまたお泊りがあるのでその際にお願いすることになりました。

病院だろうがどこだろうが、元気いっぱいのコンちゃんでした(笑)
[PR]

by tedtoyama | 2005-12-11 10:34 | 日記

ハッピー・ホリデーって。

パートナーの具合も良くなってきたので?今日は硬めのお話から(笑)
インターネット経由でTVを楽しむため、最低でも下り300kbpsのスピードが必要らしい。推奨は1Mbps以上とか。
夏まで利用していたSBCのDSLや現在使用しているアパート内のWiFi(WayportがISP)などでは、実際のスループットは混雑期で500kbps前後がやっとであった。
WiFiは802.11gの54Mbpsでつながっているとは言え、あくまで構内アクセスポイントまでの話であって、バックボーンはT1かT3を分岐させているから無理も無いか!
そこで今回思い切ってコムキャストのデジタルユーザーになり、かつケーブルモデムでのサービスを受けることにした。
なんでも最大6Mbps出るらしい。
とりあえず一日を通して1Mbps出てくれればいいのと、PCが4台になり、それぞれにインストールした無線LANカード経由でアパート内のサービスを受け続けると、一台あたり月に$30かかるので、いっそケーブルモデムに無線ルーターをかましてワイアレスの家庭内LANを構築することに決めた
ネットで水曜日に申し込んだら、TVの接続などの設定サービスは土曜日の午前中に予約されました、とのことだった。
結果は、翌日の木曜日午前11時にサービスマンがやってきてセットトップボックスを設置し、ケーブルモデムとセルフインストールキットを置いて行きました(笑)
相変わらずいい加減なアメリカですね。
それではと、早々Fry‘sに無線ルーターを買いに行きセットアップしてみた。
つながりましたね。
そしてスピードも申し分ない。とりあえず3台のPCでほぼ同時に計測してみたらそれぞれ十分1Mbps以上出ていた。よしよしとばかりに、ルーターの管理者用パスワードの更新や、ネットワークでのアクセス暗号化キーの設定を後回しにして、コンリーの散歩に行って帰ってきたら???
たった1時間の間に、どこかの誰かに乗っ取られていました、ルーターが。
くっそー!やれれた。でも自分が不注意だったしなあとあきらめ、じたばたせずに、ルーターをFry‘sに持っていって、壊れていたから交換してねって言おうと決めた。

そして今日、すんなりと新品のルーターを持ち帰り、慎重に再度セットアップして完了。
いやはや。
実は今日のセットアップも、同じ製品なのにいろいろと手ごわい状況に陥りましたがなんとか切り抜けました。
ともかくこれで、日本のブロードバンド環境には程遠いけれどアメリカでは良い線いってる感じになりました。

そういえば話は変わりますが、路線バスの行き先表示(路線番号)の部分(バスの正面、運転手の上の当たりにある電光掲示)に、Happy Holidayって表示されてますね。
どのバスも。
サンノゼ空港内の各種シャトルバスもそうでした。
この表示の後従来の情報が映し出されるのですが、動いているバスを目で追っかけている間中「Happy Holiday」だったりすると本来の情報が読み取れませんね。
実際先日空港でそうでした。

でもクリスマスだから許しちゃいます。
[PR]

by tedtoyama | 2005-12-10 12:10 | 日記

自分をだいじにね!

日本で写真展を開催しているパートナーは、体調を崩してしまったようです。
気丈な人だから。
周りに気を使う人だから。
とっても優しい人だから。

短い期間でやりたいことがいっぱいあるよね。
近くにいられないけれど、すぐそばで想っています。

今、やれるだけのことをする。
それは何かが出来なかったこと、にはならないから。

テンぱるところを間違えないでね。

勝負はこれからです。

ted
[PR]

by tedtoyama | 2005-12-09 16:34 | パートナー