DNAのある所


北海道での独り言
by tedtoyama
自己紹介
男 
1996年から11年在住した米国シリコンバレーを後にして、2006年9月から北海道に移住。
パートナー2人と共に新しい生活を始める。
生まれて初めての北海道。
期待いっぱいで突進だ。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
定山渓温泉の歴史
from 温泉:定山渓温泉の旅館を紹介..
石狩市浜益のミズダコ
from なまら旨い!北海道。
サンノゼ警察、参上!?(笑)
from 新・恋の話でもしたいところだが。
とにかくやるよ!
from 恋の話でもしたいところだが。
スルッと入国!
from 恋の話でもしたいところだが。
メニューでございます。
from 恋の話でもしたいところだが。
海外で日本のテレビを見よ..
from シンガポール奮闘記
ロケフリってどうかな
from 僕の欲しい本 欲しいもの
まあさん家で楽しく遊んで..
from ◆クリスとピエールの米国滞在..
エンジニアが斬る!今流行..
from 無料メルマガ持ってけ♪情報館..
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2006年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧


襲名披露atサンノゼ

今日の午後、弁護士と契約してきました。
後はかなりの部分で、彼の力によるところが多いと思います。
自分にとっていい方向に行けばいいかな、と思う瞬間でした。
そして結果は、、、どーなるのかねぇ?

ともかくステップは踏まれ、新しい次が始まりました。

それにしてもサウスベイエイアは嵐ですね。
寒温、各前線が活発なようです。

昨日の日曜日は、米国内に残っている3つのジャパンタウンのひとつである、サンノゼ日本人町に落語を聞きに言ってきました。
「四代目 三遊亭小えん*朝 襲名披露公演」です。
*えん=員の周りを四角く囲ったような字

よかった。
ライブの落語はいいです。集中し入り込んじゃったので、笑えるところも外してしまった(笑)
酒や魚が随所に出てきて、、、終わった後は刺身と寿司で日本酒を飲み倒してしまいました。

土曜日、日曜日とあった公演は、「強情灸」「子別れ」「天狗裁き」、雑俳、「芝濱」「転宅」というお題目でした。
日曜日だけ行ったのですが土曜日も聞きたかった。

タイガー&ドラゴン見たくなったです。

さて、明日はLA出張です。
朝早いのでとっとと飲んで寝よう。
[PR]

by tedtoyama | 2006-02-28 15:39 | 日記

エクセサイズな週末(副題:会話)

夕方、お友達が電話をくれました。
アメリカ人の旦那さんが電話を変わり、彼は近況を心配しつつ話しかけてくれました。
何よりの励ましだと感じました。
サンフランシスコに住む友人から、励ましの手紙を受け取りました。
メールやブログでコミュニケーションしているのに。。。
嬉しかった。

今日の午後はアパートのプールで初泳ぎ。
修ちゃんとコンちゃんが近くでゆったりと見守ってくれる中、泳いだですよ!
20分くらいかなあ、気持ちよかった。
ジャグジーに入ってから3人で部屋に戻りました。
昨日の打ちっぱなしといい、身体を動かすのはやっぱり気分が違う。

久しぶりのエクセサイズでちょっと蘇ったかな?

身体を動かすのは大切だなぁ。特に自分にとって。

今朝ベランダで話をしました。
修ちゃんとコーヒーを飲みながらいろいろ。
最近、特に昨夜から今朝にかけて感じたことを。
すごく楽になりました。

コンちゃんとも話をしています。
特に彼とはアイコンタクトがいいようです。
それで、かなりのことを理解し合ってます。

でも修ちゃんとは、実際の会話を、とことんして行きます。
[PR]

by tedtoyama | 2006-02-26 14:36 | 日記

普通の生活

修ちゃんがとても気を使ってくれます。
今日はゴルフの打ちっぱなしに行ってきました。
午前中、家を出るときに、帰ったら何かしようよ!泳ぐ?打ちっぱなしにでも行く?
って一生懸命聞いてくれました。

おかしなことは続くもので、昨日もストレンジな一日でした。
かなり打たれ強いほうですが、結構まいってしまい、テンション低下してました。
いよいよ見かねたのでしょう、冒頭の言葉をかけてくれました。
うれしかった。
帰宅後、コンちゃんのお散歩にみんなで出かけ、サンタテレサのゴルフコースに行きました。
軽くですが、汗を流し、ホールフーズとミツワで買い物をして帰ってきました。

。。。

今午後11時40分過ぎですが、30分ほど前から近隣の上空が騒がしいです。
ヘリが飛んでサーチライトが照らされています。
警察の大掛かりな捜査のようですね。
普段は慣れていましたが、今はかなり気に触ります。

夕方帰宅してシャワーを浴び、早々飲み始めました。

今日はポテトサラダのレフトオーバーでコロッケを作りました。
修ちゃんお勧めです。
「うめぇー!」

そして、残りご飯とおからを混ぜて丸め、片栗粉をまぶして揚げました。
和風だしあんかけをかけ、少し七味と薬味を乗せた一品はなかなかいけましたよ。

昨夜のおこげご飯の残りに「じゃこ」を混ぜ、ささがきごぼうを煮た物とあわせて食べましたが、
これもいける!

料理をしながら飲んでおしゃべりできました。
身体を動かし、汗をかいたおかげでとっても気分が楽になりました。

今のところ、少しだけでも無理しなければ普通の生活のようなことを送れないことがちょっと辛いです。
でも少しずつ本来に戻していくことができそうです。

そして、3人での生活の本来ということが、本当の意味で見えてきそうです。
[PR]

by tedtoyama | 2006-02-25 17:06 | 日記

この場をお借りして、御礼を

弁護士選びに悪戦苦闘しています。
理由:
1.選択基準がよく分からない
2.連絡しても返事が遅い、または、無い
3.口コミがいいといわれているが、こんなケースそうそうないので、経験則を得られない
4.インドや中国のコミュニティーとは大きく違って、情報源や有意義な情報が少なすぎる
5.移民法や一回目のDUIの時と状況が違う(論点が異なる)ので過去の経験があまり役立たない
などなどです。
なおかつ、お友達のAliceちゃんに教えてもらった、カリフォルニア州の弁護士データベースに照らし合わせると、この人はどうかなってな人でも弁護士資格の免停(笑)中だったりします。

そんな状態なので、ここは一つ運を天に任せて、、、って思い切ってしまおうとしても、いやいや、
有罪か無罪かを、ある意味託すわけだしなあ、などと感じて萎縮したり。

揺れ動いちゃいます。

今日はともかく、逮捕された日から10日間しかないリミットを解除することにしました。
DMV(州立陸運局みたいなところ)へ行って、正当な理由での免許停止または取り消しではないと思うので言い分を聞いてくれ、というリクエストをしてきました。
このリクエストができる期間が、逮捕から10日間な訳です。
それをしないと自然(?)に免停または取り消しになります。しておけば、まだ疑わしいという段階なので仮免許を発行しておきましょう、となる訳です。

もっともDMVの決定(アクション)と法廷に起訴されたという事実は別々に働いているので
この辺の理解と進め方が難しいです。
ヒアリングの結果、間違いでしたねとなっても、起訴事実は消えないので法廷でクリアにしなくてはいけません。
また、法廷で無罪になったら、ヒアリングが法廷の後に予定されていても、全てチャラになります。
ということは、とりあえずヒアリングを申し込むということだけが、今はとても大事だということですね。
向こう一ヶ月くらいは運転できるようです。くらいと言うのも理解しづらいかもしれませんが、
誰にもはっきりしたことは分からないのです。
いろいろな要素が多すぎて、結果が変化してしまうのでこんな感じです。

これを今日やって来ました。

不当逮捕があってから、多くの方から励ましを頂きました。
この場をお借りして、御礼申し上げます。
アドバイスも多くありました。
アメリカで司法を勉強されている方、日本の政府機関で働いている人、そして、実際はあなたが当事者なの?と思えるくらい自分のことのように対応してくれる友人。

本当にありがとうございます。

私はDUIの事実について抗争しようとしているわけではありません。
DUIだから、という理由で留置拘束される前の、取調べもない逮捕(銃口を向けられ手錠をかけられたこと)状況について、不当を申し立てようとしています。

できるだけリアルタイムで更新していく予定です。
[PR]

by tedtoyama | 2006-02-23 16:27 | 日記

中途半端はやめよう

飲酒をしていた事実からか、またはそれが引き金となった後ろめたさからか、
DUI,そのことへの経験を含めた想いが判断を鈍らせていたことは事実です。

修ちゃんと話をして、そして自分の気持ちを整理してはっきりしました。

これは、理由無き「不当逮捕」です。

その後のDUIなどの顛末は、私にとって大きなインパクトではありますが、切り分けて考えないといけない問題であり、そうするとやはり納得がいかないのです。
しょうがないでは済まないのです。

今日相談した弁護士さんは、多くの知人友人と同じ意見でした。
警察(チーム)は、何がしかの情報を元に、別件で、誰かを探していて私をその人物と勘違いした。
即逮捕してみたら、どうやら違ったみたいなので困った。
とりあえず飲酒しているようなのでそれで逮捕しちゃおう。
てな感じです。

とりあえずで逮捕されるのはいかんです。
私の周りには、経験を記述したブログから、多くのDUIアレスト(逮捕)経験者がいるので彼らは分かってくれると思いますが、
理由はともかく、ジェイルの経験、、、すごく、、、辛いです。
そして、そこに入ることになった理由が「とりあえず」であったら、
とてもへこみます。

徹底抗戦して結果を待つつもりです。
とは言っても、弁護士を選び、事実を述べ、判決を得るだけですが。

司法取引はしません。有罪か無罪。そしてあるかないかは分かりませんが、その後のトライアル(上告?法廷闘争?)です。

法律用語はよく分からないので、できるだけ勉強してやってみます。

こういうことに気力や体力、時間、お金を使いたくないです、が、かなり死活問題に抵触するので、行動します。

勝利か玉砕か?

だんだんあぶなくなってきたなあ!
[PR]

by tedtoyama | 2006-02-21 16:06 | 日記

さーて、戦いだ

徐々に戦闘モードに入りつつあります。

5年前の時は、不安と恐怖でいっぱいでした。
精神的にも肉体的にもかなり落ち込みました。
今回は少し違っています。
DUIへの後悔と反省はありますが、しばしその気持ちは別のところに置いときます。

別件(誤認)逮捕で、結果DUI。
寝耳に水の状態で、有無を言わさず即手錠。
「けんかしてたね?」
という訳の分からない質問。
公道を運転中に停止指示があったわけでもない。
駐車場で車を止め、降りたところを即逮捕。
その後方針転換され、DUIでジェイルに収監。

納得がいきませんね。

弁護士次第と言うのはよく分かっています。

でも、今後の展開で逮捕時の状況は無視され、DUIでの満額回答にでもなるのだったら
もうこの国とは決別します。
義務は果たしますが、それまでです。
そしてそうならないことに全力を傾けます。

さぁーて、どうなっていくのでしょうか?
[PR]

by tedtoyama | 2006-02-21 07:03 | 日記

意外と訳がわからないことに

いきなり鉄砲向けられて、手錠ですよ!
ポリス・カーは4台もいるし。
アパートの駐車場の中だし。

昨日はリバモアのワイナリー巡りをしてから、Aliceちゃんの家で焼き鳥大会をしました。
日本から来ているAliceちゃんのおじさんやおばさんと一緒に、楽しいひと時を過ごしました。
11時前には戻りたかったので、午後10時に家路に着きました。
そしてアパートに戻ったら、、、冒頭のような結果になった訳です。
駐車スペースを探していたら、なにやら後ろが騒がしい。
「なんだ、なんだ?」
と車を止めて降りてみたら、ビックリ!
ポリスカーがいっぱいいるわ、腰を落として鉄砲向けている警官はいるわでした。
「なんですか?なんかあったですか?」
「ひざをついて、手を後ろに!」
「はぁ?」
「ひざをつけ!ふせろ!手を後ろへ回せ!」
言われたとおりにしましたが「???」
と、いきなり手錠をかけられました。
「ファイトしてたな?」
「はあ?誰と、いつですか?してません」
「あまりにもゆっくりと車を運転していたね?」
「はい、駐車場に入る時、前の車がゆっくりだったもので」
問答の間、財布ごとIDを取られました。
いったん警官がポリスカーに戻ってから、しばらくして手錠をかけられたまま
血中アルコール濃度チェックをさせられました。
数値は見せられず、バランスチェックなど身体機能検査も無く、黙秘権の有無も聞かれず、
採血チェックの意思確認もされず、何にもされないまま後ろ手錠で逮捕されました。

後はお決まりのコースでしたね。
二日前に修ちゃんと軽口を言い合いながら通り過ぎたビル「サンタクララ・カウンティ・ジェイル」
の裏口から雑居房に入れられました。
ほとんど不当逮捕に近い形で手錠をかけられました。
ただし、飲酒の事実やBAC(血中アルコール濃度)は確実に0.08%を上回っているはずです。
2度目のDUIということへの不安と、不当逮捕のような形への憤りが同時にありました。
雑居房は電話が3つあり、コレクトコールで修ちゃんに電話をしました。
ここからすぐ出るためには、私の場合$2,500と書かれていた「保釈金」を支払う必要がありました。
夜中の12時を回っているし、米国に着たばかりの彼女に対応をお願いすることは無理があります。
でも、人間は弱いですね。
ついついお願い口調になってしまいます。
そして、だんだん現状を把握してくると、今度は(まあどーでもいいや!)という気持ちと、こんな風に無理やり連れて来やがって、もう日本に帰るわい、という気持ちにもなりました。
2度目だし、雑居房などへの不安はありませんでした。
ただ、出所できるのはずいぶんと先か、保釈金が必要なんだろうなあ、などと思いました。
夜中の3時を過ぎると雑居房は人で膨れ上がり、とうとう囚人として収監されている人たちの
居る、電話の無い奥の部屋に移されました。
出口から遠のいていくなあ、と思いつつ、半袖だった身を丸くして寒さに耐えていました。
(情けねぇー!)
しばらくして書類の山を手にした警官がやってきました。
裁判所に出頭する書面にサインしてね、と、22人で賑わっていた囚人部屋でサインさせられました。
誰かが時間を聞きました。
「午前5時を回ったところです」
するとまた誰かが「収監は5時間から8時間だよなあ」
私は午前12時10分に入ったので、それからいくともうすぐのはずなのですが、
なにぶん2度目ということになっているようだから、無いだろうな、とあきらめていました。

また、しばらく時間が過ぎました。
そして警官がやってきて5人の名前を呼びました。
入ってきた順番も、怪しさや酔っ払い度もばらばらの人選でしたが、その中に私の名前がありました。
期待半分と、もっと悪い状況になるなあという不安が半分でした。

で、結果は午前6時半、釈放。

Tシャツの上に半袖のポロシャツの身には、とても寒い朝でした。
返してもらったのはベルトと$1.25の小銭???
財布は?携帯電話は?鍵は?

寒い朝、身を丸めるようにしてノースファーストを日本人町の方に歩きました。
アメ食レストランから電話して釈放されたことを連絡しました。
修ちゃんはお友達のクリスちゃんに連絡を取ってくれ、だんな様と一緒に3人で
迎えに来てくれました。

水とタバコとガムとジャケットとトレーナーを持ってきてくれました。
ありがとう、いきなりですが心配かけました。

しかし、これからどーなるんでしょうねえ?
ほっとけば2度目のDUIということで、2年間の免許取り消しだしなあ。
やっぱり弁護士探して、かなりの強引な逮捕という線で多少の罪の軽減を勝ち取ることになるのかなあ。
それでも今度はかなり長い期間のスクール通いや、前回無かった奉仕作業、高い罰金および弁護士費用および保険代、、、になるんだろうなあ。
免許取り消し、または免許停止期間はどのくらいかねえ?
その間のIDの発行や、制限つき免許の入手は可能なのかねえ?

やれることはできるだけやるけど、面倒だなあ。
[PR]

by tedtoyama | 2006-02-20 08:26 | 日記

達磨がいます

自分もかなりの凝り性ですが、世の中には想像を絶する人が沢山いますね。
先日気にとめた話題に、こんなのがありました。

b0049291_1347293.jpgイギリスの方で、スタートレックをこよなく愛する人の記事でした。
スタートレックって、知っている人はものすごく好きな人が多いテレビ番組です。
というか、でした、ですね。
映画も何本か作成されていて、世界中にファンを持つSF宇宙ものです。
ブログ仲間のクリスちゃんも、まあちゃんの旦那さんのスティーブも、そして私も
すごいファンです。
トレッキーと呼びます、そんな人たちを。
で、このイギリス人は、自宅アパートの冷蔵庫を「ワープコイル」に改造しようとしたわけです。
スタートレック(邦題:宇宙大作戦)の中に出てくる、宇宙船のエンジンの主要部品のことです。
こういうことをし始めたこのイギリス人の奥さんは、堪忍袋の緒が切れて家を出て行きました。
その後、当人はスタートレックへの思い入れに歯止めがかからなくなり、部屋中すっかり改造してしまいました。

残ったのは、改造費として使った約二千万円のクレジットカードの支払いでした。
部屋をオークションにかけたりして、一時話題を呼びましたが、結局破産申告中だそうです。
(それにしても、二千万円のクレジットを得ているだけでもすごいことだねぇ!)

b0049291_1346349.jpg唐突ですが、達磨です(笑)
何故か昔から部屋にありました。
両目は真っ白だったんですが、ちょっと前に修ちゃんがペンを入れました。
おちゃめな達磨になっとります。

そのままにしておこうか、それともセレモニーを終えたら黒丸目にしちゃおうか
考え中です。
[PR]

by tedtoyama | 2006-02-18 13:47 | 日記

脱走兵とジェイル

早寝早起きとは言っても、午後6時と8時半に寝ちまうって言うのはどーかねぇ?

3時過ぎくらいから飲み始めると、そんなことにもなっちまいますなあ。
修ちゃんは6時過ぎにはもうぐっすり。
私は7時半過ぎにコンちゃんのお散歩に行きました。
かなり眠たくなっていたので、さっさと帰って安らごうと思っていたら。。。

コンちゃんは家の入り口の前から急に踵を返して、スタスタと3階の階段から降りて行きました。
ふぅーん!行けばいいじゃん。じゃ、部屋で待ってるね。
とか独り言を言いつつ、ほっときました。
そして約20分。
2度ほどドアを開けてみましたが姿はなし。
「ちぇっ!」
そして、ひょっとしたら「ヤバイ」ね。
探しに行きました。

ヤツはすぐ近くの芝で片足上げて私を見上げていました。

ばーか!
でも、とても安心しつつ、ほっとしました。
コンリーめっ!

今日はマリッジ・ライセンスを取得してきました。
サンタクララ・カウンティ・オフィス・ビルで。
駐車場からビルに向かう途中にもう一つ大きなビルディングがありました。

サンタクララ・カウンティ・ジェイル。。。

サンタ・クルーズのそれにお世話になった経験がある私は、さっと通り過ぎようしたのですが、
修ちゃんは興味があるらしく、ちょっと入ってチェックする必要は?と言ってましたね。

「結構です」!!!

と、即答しときました。
[PR]

by tedtoyama | 2006-02-17 14:54 | 日記

週末

b0049291_13482388.jpg金曜日の夜はサンフランシスコでサッカー観戦しました。
SBCボールパークは、ベースボール・シーズン中の賑わいでしたね。
アメリカにも熱狂的なファンが多くいることがわかり、試合は負けたけれど安心しました。
修ちゃんへのバースデー・ゴールも2つあったし。

夜8時のキックオフだったので、余裕をたっぷりとったつもりで6時5分過ぎに出かけました。
しかし、観戦席に着いたのはキックオフ寸前!
ふぅーん!
たいしたもんだ。やっぱりサッカーって。

帰宅したのは午後11時46分。
修ちゃんは飲まなかったけれど、私は早速一杯やり始めました。
そして明日のお弁当作り。
明け方4時ころ、ベロベロニなって寝てしまった。
土曜日の午前中に、コンちゃんを引き取りに行く途中、お腹がすいていたので、ブロッサムヒルのコスコでホットドックを食べました。

さて、3人でサンタクルーズです。
外食もせず、部屋で飲みました。
楽しかった。
いろいろな話ができました。
これができるから、この人と一緒にいます。
海辺や公園での散歩、やっぱりいい所だなあ!

日曜日の朝、二人ともお腹をすかせてサンノゼに帰りました。
早めの食事は、相談した結果、ベトナム料理のフォーに決めてありました。
おいしかった。

昼前に帰宅して、爆睡。
いい週末だったねえ。

起きてからコスコに買い物に行き飲みましたな。
修ちゃんはサラダ中心のつまみです。
私は後で肉食します(笑)

誕生日、おめでとう。
[PR]

by tedtoyama | 2006-02-13 13:50 | パートナー